第100回 「上質な睡眠を」と言われても、その「質」が難しい | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

「睡眠の質が良い、悪い」「運動で睡眠の質を向上させる」などと言うが、では睡眠の質をどのように評価するか、何かの数値で示せるかというと、これがなかなか難しい。...

Twitterのコメント(7)

主観的な判断基準では難しい:
National Geographicの記事です。誰でも心地よい睡眠ができれば、それに越したことはないですよね😴💤しかし、「いい睡眠」とはそもそもなんでしょうか。睡眠について悩んでいる方は改善のタネになるかもしれません!5分程で読めると思います。
結局気の持ちようなのでは。俺は毎日二時間ちょっとしか睡眠を取らないが、寝れなくても良いやと割りきっているので睡眠の質など考えたこともない。寝ても疲れが取れないのは心身の体調が悪いのでは。
「上質な睡眠を」と言われてもその「質」が難しい
睡眠の何を良質とするのか難しい。客観的な脳波上は眠っていても主観的に睡眠不足を感じる事もある。主観客観どちらも大事としか言えない。どこで図るかの問題もあって、家では眠れないが検査室では爆睡する人も少なくない。
この連載も100回目か…
凄いな
これだけ回数重ねても尽きない睡眠って…
奥が深い
- ナショナル ジオグラフィック日本版
以上

記事本文: 第100回 「上質な睡眠を」と言われても、その「質」が難しい | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事

関連記事は見つかりませんでした。