次なる食の革命「細胞農業」とは | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

肉の細胞を培養して「クリーンな」食肉をつくる―。私たちが普段、口にしている肉の生産方法に大きな変革がもたらされるかもしれません。(書籍『クリーンミート 培養肉が世界を変える』から紹介 第1回)

ツイッターのコメント(14)

「食の革命」「ほんの少量採取した動物の筋細胞から生体外で筋組織をつくる」ー本物の動物は畜産せず細胞農業で生産される培養肉、とのこと。そのうち普通に我が家の食卓にも並んでいるのだろうか。
牡牛座天王星味を感じる記事。
次なる食の革命「細胞農業」とは: いま私たちが立ち会っているのは、次なる食の革命の幕開けなのかもしれない。そんな期待をかき立てるのが、細胞農業だ。…
当たり前に人工的に培養された肉を食べ、皮革製品をファッションとして身につける時代がきそうですね。必ずしも否定するものではないけど、明らかに現代の畜産はアニマルウェルフェア的にも地球環境的にもやりすぎ感があるとは思います。
遠い将来、子孫たちは肉がどんな動物に由来したか知らないで食う時代が来るかもな。
「皆、同じ目標に向かって進んでいる。その目標とは、食肉をはじめとするさまざまな畜産品が、細胞農業で生産される世界を実現することだ。細胞農業なら、鶏も七面鳥も豚も魚も牛も、飼育する必要も殺す必要もない。感覚をもつ生きた動物は、食料生産と完全に切り離される」
自分はアンドの発想をしようと思う→
「クリーンミート」っていう言葉を知りました。
『クリーンミートとは動物の細胞から人工培養でつくる食肉のこと。成長ホルモン、農薬、大腸菌、食品添加物に汚染されておらず、一般の肉よりはるかに純粋な肉。』
培養肉の生産は一社の寡占市場である。細胞株が何万世代と経過した頃、マイコプラズマへの感染により収率が著しく低下する事になってしまった。気づくのが遅くもはや新しく株化させる必要がある。しかし、種としての牛は既に絶滅しており……
「細胞農業」の概念、面白いです!SFではなくもう近くまで来ているんだね!↓
書籍『クリーンミート 培養肉が世界を変える』から紹介 第1回
まぁいいと思うけど、我々がかつての地球生態系とは異なる系に移行していく精神的ショックのケアが必要。あと啓典宗教のレビュー。:
細胞農業に関する記事を紹介します。

細胞農業とは肉などの畜産品を研究室で生産する手法で、学問と医学の分野で開発された技術を利用して、ほんの少量採取した動物の筋細胞から生体外で筋組織をつくることと述べています。
「クリーンミート」の「クリーンさ」がとても気になる。クリーンエネルギーしかり。
以上
 
PR
PR