プラや化粧品の化学物質が子宮筋腫を大きくする、しくみを解明 | ナショナル ジオグラフィック日本版サイト

女性によくみられる子宮筋腫と、何百もの日用品や化粧品に含まれる化学物質「フタル酸エステル類」の関連を科学者たちが解明し始...

ツイッターのコメント(14)

ふうん?母と自分は子宮筋腫はなかったんだよなあ、癌はあったけど。叔母と妹には筋腫があって、癌はない。関係あるのかな?
ニュース

2023.01.20
これはきつい
プラや化粧品の化学物質と子宮筋腫に関する記事を紹介します。
フタル酸エステルの代謝物に子宮筋腫の細胞をさらすと成長が促進され、より長く生き延びることが分かった。その原因となる分子を特定し、フタル酸エステル類と子宮筋腫を結びつけるしくみを示した。
「どこにでもある化学物質」フタル酸エステルの代謝物と分子の働きを特定
おお、恐ろしい/
こんな身近なものが、なかなかの影響力。男性の生殖器にも影響とあらば、最近の不妊にも少なからず影響が出ているんだろうか。
化学物質の人体への影響、知らないことが沢山ある。
妊娠中に低レベルのフタル酸エステル類にさらされると、子どもの認知機能の発達の遅れや記憶障害などが起こりやすくなる。また、フタル酸エステル類と男児の生殖器異常との関連も報告されている。
"因果関係を証明するのは簡単ではないと、韓国ソウル大学の環境衛生学者チェ・キョンホ氏は言う。フタル酸エステル類が体内で分解されるには何時間もかかり、しかも体内の濃度は毎日数桁も変動すると、氏は説明"
子宮筋腫とは、子宮の中や周囲にできる非がん性腫瘍で、サッカーボールほどの大きさになることもある。多くの女性がかかる病気であり、骨盤と背中の痛みや、重い月経出血、性交痛、あるいは生殖機能の問題を引…
“「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に発表された研究で、そのしくみの一端が示された”
以前からプラスチックに関する健康被害(特に女性)は本で見たりしたけど、ここまで研究が進んできていて何より!
以上
 
PR
PR