乳がんの転移は睡眠中に加速、血中のがん細胞が増え「攻撃的」に | ナショナル ジオグラフィック日本版サイト

ツイッターのコメント(16)

検査の時間帯を調節することで、沢山の結果が変わるはず。研究への投資、大事。
そうだったのか、、 なる。
がん細胞が血液系やリンパ系を通じて遠くの組織まで移動する「転移」=「血中循環がん細胞」はこれまで1日中血流中に出ていると考えられてきたが、乳がんは大半が睡眠後期の日の出直前に放出されることが判明…
| ナショジオ 睡眠リズムが不規則ながん患者の方、必読です。個人的には新薬や新治療法の発見よりもこういうがんの仕組みに関する発見の方が有用に感じます。
がん患者さんの目にこの文が触れませんように(。nŏ﹏ŏ)n不眠症になってまう
「休息期の間に放出されたがん細胞は、健康な細胞よりも速いスピードで分裂。これらの細胞は新たな腫瘍に成長する割合が高く、睡眠中に出たCTCは何らかの理由で転移を引き起こしやすいことを示唆」
ちょっと嫌な感じの話……:

  ◆ナショジオ 7/20

…科学者ら驚きの発見、新たな検査法や治療法につながる可能性も
不眠療法とか出てきそう
タイトルとは裏腹に睡眠は大事という大前提はあるにしてもメラトニンを長く飲み続けているお姑さんの癌と何かしら因果関係あるような気がする。この先も追っていきたい。
>そうした細胞には時間がわからないのです
「つまり若気の至りか」
「ぜんぜんちゃうで」
ジオグラフィック
乳がんの転移と睡眠中に関する記事を紹介します。

血中循環がん細胞(CTC)はこれまで、一日中ずっと血流中に出ていると考えられてきが、新たな研究により、乳がん患者の場合、CTCの大半が睡眠後期の日の出直前に放出されることが示された。
え〜、そんな事言われても…って感じだけど
こういうレポートを読むだに、日々 情報をキャッチアップしている医師に任せたいと思うのだよなあ。
以上
 
PR
PR