偽の薬だと知りながら服用しても効果があるのはなぜか | ナショナル ジオグラフィック日本版サイト

ツイッターのコメント(40)

オープンプラセボという概念...
アルコール0.00%で酔った私は確信が持てる

脳の認知次第で心身状態がどうにでもなる可能性大いにあるわこれは
人の脳の不思議な働き!
オープンラベル・プラセボ_偽の薬だと知りながら服用しても効果があるのはなぜか、痛みの解消やその他の症状の軽減など、有効性を示す結果続々、2022/07/01
「プラセボそのものではなく、薬を処方するという儀式が重要なのです」
オープンラベル・プラセボに関する記事を紹介します。

最初から被験者にプラセボであることを知らせるオープンラベル(非盲検試験)の有効性を検証する研究が複数実施され、多くの場合症状が緩和したという結果が出ている。
オープンラベル治験では
プラセボの潜在的利点について
患者にしっかり説明することが重要
痛みや病の一部は、脳が作り出したもの?

こういう話を読むと、すぐれた宗教者が不治の病を治した、という奇蹟も実際にあったことかも、と思えてきます。
ほお。それを処方するのが医師である点が重要だそうだ。「プラセボそのものではなく、薬を処方するという儀式が重要なのです」
プラセボ-偽薬でも効果がある。有効な治療薬でなくても、それどころか事前にプラセボだと知らされても、効果があるとのこと。人間の脳は複雑な仕組みを持っているようだ。ただ医師との信頼関係は重要とのこと。
偽薬と知っていてもなお効果がありうるという報告。
最初に効果のある薬と併用し脳を訓練する。あるいは何かの形で効果があると期待させれば良いという事か。
「オープンラベル・プラセボ」というやり方を初めて知ったが、人命より儲け話が優先の医薬業界より、よほど医学の本質に向かう意義ある研究だと思う。D

<1週間で痛みがなくなった。「魔法の薬のおかげです」と医師に礼を言うと、そこで初めて薬はプラセボだったと告げられた>

| ナショ ジオ日本版
偽と知ってても効果がある可能性がある。

人間のからだって不思議。
人体、すごすぎる
オープンラベル・プラセボ
ここ数十年の間に、最初から被験者にプラセボであることを知らせるオープンラベル(非盲検試験)の有効性を検証する研究が複数実施され、多くの場合症状が緩和したという結果が出ている。
健康食品商法やニセ科学等でもお馴染みの「プラセボ効果」

本来は偽薬を「効果のある薬」と勘違いさせることで薬効が現れる現象なのだが………

最近は「効果のない薬」と知ってても効果が現れる事象か観測されてる……
人って面白い。

医学はサイエンスだけではなくサイコロジーでもあるのかな。
香りとプラセボ薬との試験なかなか興味深い。
人類おもしろーい。心を救うってのは大事なんだな
確実に効くかはわかりませんって言って処方してるから、効くかも?と期待した結果効果出てるとかなのかしら。
おもしろいなー。
「それでも痛みが和らいでオピオイドの使用を減らせる可能性があると説明しています」だと「偽の薬だと知りながら」にならないのでは? >
これ面白い。プラセボ(偽薬) + 薬 をセットで飲んで、途中からプラセボだけにして、かつ本人がプラセボであることを知っていてもプラシーボ効果が働いて効くという話。錯視のように、頭ではわかっていてもそう見えちゃう、みたいな脳の働きかな
「これはプラセボですよ」と説明しちゃっても効果あるんか! おもしろ〜〜!! マジで「病は気から」なのね……。

「私たちは最初から被験者に対して、渡す薬がプラセボであることを伝え、それでも痛みが和らいでオピオイドの使用を減らせる可能性があると説明しています」
プラセボ効果を意識的に引き起こさせるプラセボ効果?
ロマンあるなー
いくらMTX-IRと言ってもMTX中止したらアカンやろ(そりゃ悪くなるやろ)という話のようにも聞こえるが、こちらの「オープンラベル・プラセボ」の話を読むと、新規薬剤を追加するのであっても(副作用が酷くなければ)MTX継続しながらの方が良いのではないかという気になる。
人間の身体って本当に不思議です。
答えが書いてないんだけど、、

個人的には人は人が考えているより嘘に適応できないってことだと思う。嘘だと聞いた以外は見た目も香りも本当のクスリと変わらないんだろうし、脳は本物の薬だと思うんじゃなかろうか
痛みの解消やその他の症状の軽減など、有効性を示す結果続々

動物実験にはプラセボ効果はあるのだろうか。
人間に特化した現象ならば高次の脳の働きと連動しているはず。感覚器官の遮断に過ぎず根本治療には至っていない
のうみそのふしぎ
或るブランドのノンアルコールビールは、飲むと度数0.00%なのにけっこう酩酊感があるので、じつはアルコールが入ってるのではとさいしょの頃疑ってた。
【偽の薬だと知りながら服用しても効果があるのはなぜか】

それを処方するのが医師である点も重要だ。「プラセボそのものではなく、薬を処方するという儀式が重要なのです」

なんかわかるー
精神疾患の薬のことだいたいこれだと思っている。
僕たち占い師の持つ側面の一つとして「言葉の偽薬」というものはあるのかもしれませんね🤔
脳が痛みを勝手に生み出すなら逆に痛みを消すこともできるわけだ。医師からの処方という”儀式”が大切らしい。かなり興味深い内容。
以上
 
PR
PR