粉ミルク汚染で乳児が死亡、細菌クロノバクター・サカザキとは | ナショナル ジオグラフィック日本版サイト

ツイッターのコメント(17)

サカザキ…🤔←
スゴい怖いんだど、名前が「サカザキ」
色んな意味で1番ヤバいのは幸ちゃんと言う意味では合っているのか🤔
サカザキ菌は粉ミルクに混入していることがあり、新生児や免疫力が低下している人には大きな被害を与えることがあります。

70℃以上のお湯で不活化しますので、お子さんの安全のためには、ミルクを作る際は熱湯で溶かして、その後に冷まして与えるようにしてください。
サカザキ菌…!!→
大腸菌やサルモネラ菌ほど有名ではない。だが、新生児や免疫力が低下している人には大きな被害を与えることがある。
鞭毛で移動することが出来る上に乾燥にも強く、「バイオフィルム」っていう細菌のアパートみたいな膜まで作っちゃうらしい
こいつ自体はどこにでもいるんだ。

しかし、免疫系が未発達で腸内細菌叢も成熟していない新生児は、やられてしまうのか。

乾燥に強く、2年放置された粉ミルクから発見されたことも。
クロノバクター・サカザキ…
乾燥に非常に強い細菌だとか。
"他の細菌には1つしかない乾燥から身を守るタンパク質の遺伝子を、クロノバクター・サカザキは7つも持っている。そのため、こうしたタンパク質をより多く産生できるのだ。"
ええー、こんなの怖すぎるよ・・・😭
"2013年に学術誌「Food Microbiology」に発表された論文では、新生児がクロノバクター・サカザキに感染すると50~80%が死亡するとしているが、幸いにも感染例は比較的まれ"

ジオグラフィック
2月に米国で汚染死亡事故が発生、粉ミルク不足が深刻に
いや、不謹慎だろうけども、
「クロノバクター・サカザキ」っていうネーミングがカッコ良すぎる……。
黒のバクターSAKAZAKI?(中二病)
日本ではお湯で粉ミルクを溶いて、それから冷まして赤ちゃんに、というのは常識のようになっているけれど、アメリカの粉ミルクにはお湯で溶くという記載はなかったのよね・・・(今はどうか知らない)。
米国の粉ミルク問題の原点がこれだったのか┅
乾燥耐性があるから粉ミルクでも生き残ってるのか
以上
 
PR
PR