カニやカメ、ヘビ、昆虫など、脱皮のメカニズムを解き明かす | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ツイッターのコメント(14)

| ナショナル ジオグラフィック日本版サイト
脱皮は失敗すると命取り。

これを回避したのがヒトデの特殊な骨格。小さな骨が鎖かたびらみたいに繋がっていて、継ぎ目をキュッと締めれば、一枚のプレートに、緩めれば自由に動ける優れもの。脱皮も不用

記事のタランチュラ脱皮動画がすごい!
脱皮するんだ亀🐢とか蟹🦀
ーーー
「「自分が近くにいる証拠を隠すのは賢明でしょう」と言うシュフラン氏。「それだけでなく、過去の自分につぎ込んだエネルギーを蓄え続けることにもなります」」

イモムシが脱皮後の抜け殻を食べる理由、ずっと疑問で仕方なかったのだけど、こういうことだったんだ!
人間も脱皮しよ
昆虫写真多いので苦手な方はスルーヨロです。
自分はワクワクしながら見たよ! タランチュラの脱皮!!
>カメが甲羅を脱ぐのは、古いマンガの中だけの話だ。
「最近は脱がんのか」
「リアルのカメは今も昔も脱がないからな念のため」
「えっ?」
「えっ?」
脱皮の多様性。記事中タランチュラの脱皮映像は必見。
固い殻をまとう生き物には、成長のために避けては通れない過程がある。その殻を脱ぐことだ。 地球上で最も種数の多い動物群である節足動物は、すべて「外骨格」と呼ばれる固い覆いによって体を支え、捕食者から身…
成長だけでなく、寄生虫除去などの役割もある
ハッチとかイマージングの他に、Moltingモルティング脱皮というフェーズが水生昆虫のニンフやラーバにもあるはず。ゆえにMSCなどのファジーなパターンや、マラブー等の大きめテールが効くと推察。
楽しく読みました☺️
成長だけでなく、寄生虫除去などの役割もある ナショジオ
>カメが甲羅を脱ぐのは、古いマンガの中だけの話だ。実際は、カメの甲羅は骨格の一部で、「50個ほどの骨が、複雑な幾何学模様のように並んでできています」
以上
 
PR
PR