青い血、ピンクの血、敵に噴射など、いろいろな動物の血液 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ツイッターのコメント(15)

「酸素を運ぶタンパク質であるヘモシアニンに銅が含まれているために青い色をしている」
鉄ではなく銅に変わった?と、考えるのは早計なのかな…
アメリカカブトガニの血液は、細菌毒素と接触すると固まる性質があるため、医薬品や医療用品、特にワクチンの安全性と汚染物質の有無を確認する貴重なツール。
(採血されるカブトガニは年間50万匹)米中部大西洋岸地域では近年、個体数の減少が
これはモンスターの生態系を考えるのに役立つ内容だなあ
プレデターが見たら発狂しそうな写真はさておき

興味深かったのは25億年前に登場したヘモシアニン。当時は毒でしかなかった酸素を無毒化する物質として作用していた、という点。

あるポイントで、毒でも使ってやるぜ!に向かった、そこの君。グッジョブ
サムネの写真、何かと思えばカブトガニなのか。
いろいろな動物の血液に関する記事を紹介します。

この貴重な液体は、感染症と闘い、養分とガスを臓器に送り届け、老廃物を運び出す。しかし、血液と聞いて多くの人が思い浮かべる、「鉄分が豊富」や「赤い」といった特徴は、種によってさまざまに異なる。
「てめえらの血は何色だあっ!」
「青です」
「ピンクです」
「虹色」
「ゴメン聞いたオレがバカでした」
なぜ血の色は異なるのか、血液型はどうなっているのか、人間の役に立つものも ナショジオ
| ナショナルジオグラフィック
なぜ血の色は異なるのか、血液型はどうなっているのか、人間の役に立つものも
青い血液の生物の話は前聞いたけどクラゲとかは浸透圧で済んでるのか
面白い
((( ;゚Д゚)))万死に値するのだ!!😠💨
せっかく命が生まれて、一生懸命生きているみんなから命を奪って作る、そんなお薬要らないのだ!
てめえらの血はなに色だーっ!!
サムネイルの写真が現実っぽくなさ過ぎるけど、アメリカではカブトガニから採血をしているんだとか。しかしこの体の大きさに対してこの量の血を抜いて平気なのかしら…
以上
 
PR
PR