クマ農場が続々閉鎖、人々はもはや伝統薬に「無関心」、ベトナム | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ベトナムでクマの胆汁を採取するためのクマ農場の閉鎖が相次いでいる。最新の研究によると、伝統医療で使われ続けてきた熊胆の人気の急降下が明らかになった。

ツイッターのコメント(7)

日本は、まだこの熊胆汁を使った薬を販売しているし、簡単に買えるし、殆ど知られていない。
とても残念な国です。
↓↓↓
(ナショナル ジオグラフィック日本版) その薬のことはもう忘れてしまえ。
(ナショナル ジオグラフィック日本版) ツキノワグマ、まぁ,良きことか?
日本では北海道登別のものなどが有名だが、 を採ろうという発想はなかったのではないか。

大阪の適塾にクマの腑分けをしてみないかと男が訪ねてきたので、臓器別に分けて並べてやったら胆臓だけ持ち帰られ、やられたと…
密猟が増える恐れも低下、対策が奏功、他国への広がりに期待 ナショジオ
ベトナムでは今、クマの胆汁を採取するためのクマ農場の閉鎖が相次いでいる。11月18 日付けで学術誌「Conservation and Society」に掲載された最新の研究によると、伝統医療で使われ続けてきた熊胆について、…
- ナショナル ジオグラフィック日本版
以上
 
PR
PR