ミミズのような線虫も音を聞く、驚きの仕組みが判明、定説覆す | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ツイッターのコメント(25)

「皮膚全体が音を聞くいわば鼓膜として機能し、それを伝える神経も確かめられた。これは、節足動物以外の無脊椎動物が音を感知できることを示した初の研究」
「無脊椎動物と聴覚」
--ミミズは音を聞いているのか?--
一度は感じたことがある疑問ですよね。過去、聴覚は脊椎動物と節足動物の一部でしか確認されていませんでした。この研究では、C.エレガンスという線虫に、嗅覚、味覚、触覚に加え、聴覚があることが分かったそうです。
ミミズのような線虫も音を聞く、驚きの仕組みが判明、定説覆す: 世界中の土の中にいて、生物学や遺伝学においてもっとも研究されている動物のひとつである線虫のC.エレガンス。(PHOTOGRAPHY BY SCIENCE PHOTO LIBRARY / ALAMY STOCK PHOTO)…
この皮膚が音波を感知する能力が私達の原始感覚

皮膚全体が音を聞くいわば鼓膜として機能し、それを伝える神経も確かめられた。これは、節足動物以外の無脊椎動物が音を感知できることを示した初の研究だ。
C.elegans にも「聴覚」に類するものがあると…。いわば全身で音を感じている。身体的に世界を経験することのヴァリエーションについて、想像を広げるのに役立つ発見。

「ミミズのような線虫も音を聞く、驚きの仕組みが判明、定説覆す」
なんやて!?
でも「ミミズのような線虫」はどうかと思うよ
> ダーウィンは息子にミミズに向かってファゴットを演奏させ、出した答えは「聞こえない」だった。
ところが、線虫に聴覚があることが明らかになった。皮膚全体が鼓膜として機能し、それを伝える神経も確かめられた。
僕らはみんな生きている〜
おもろい。分子の多機能性。反応であって知覚ではないという意見も。
「ただし、C.エレガンスの皮膚で音を感知するnAChRsは、脊椎動物や節足動物とは違ってニコチン性アセチルコリンとは関係なく働き、皮膚のあらゆる部分に存在して物理的な刺激を神経への信号へと変換する」
定説の逆張りが大好きな人は、この位の事をして始めて定説は覆る、という事を知るべし。→
「皮膚から音を感じる」という体験は、ベルクハインのスピーカー以来だな。後ずさりしてたかもしれない。

その時に自分が鼓膜から聞いていなかったという点で「単なる液体チューブ」に過ぎなかったという感覚は新鮮。C.クレメンスがカフカっぽい感じもイイ。
🪱C.エレガンスさんは音を感知できるそうだ

🎵上品で優雅なメロディを弾かねば🤨
線虫の聴覚に関する記事を紹介します。

皮膚全体が音を聞くいわば鼓膜として機能し、それを伝える神経も確かめられた。節足動物以外の無脊椎動物が音を感知できることを示した初の研究だと述べています。音に反応して進む「走音性」が確認されたそうです。
>ほんとうに“聞いている”のかは、また別の問題
音を拾っただけでは『聞いた』ことにならんわけか
今までの非常識がこれからの常識。
今までの常識がこれからの非常識。
なんていくらでも起こる可能性がある。
「皮膚全体が音を聞くいわば鼓膜として機能し、それを伝える神経も確かめられた」
「節足動物以外の無脊椎動物が音を感知できることを示した初の研究」―― だそうです。

| ナショジオ
面白い
?
大変興味深い結果である。メモメモ。D

なんの役にも立たない研究だけど面白いね。
ダーウィンの実験方法でワロタ。黎明期だとこんなものなんだろうか。
それにしても、実験方法を見て思ったんだがずいぶん気軽に遺伝子操作できるんだな。
「ミミズは音を聞けるのか」。これは人々が昔から抱いてきた疑問だ。1800年代、ダーウィンは自分の息子にミミズに向かってファゴットを演奏させ、彼らが身動きするかどうかによって、その答えを得ようとした。…
線虫すご

「C.エレガンスの皮膚で音を感知するnAChRsは、脊椎動物や節足動物とは違ってニコチン性アセチルコリンとは関係なく働き、皮膚のあらゆる部分に存在して物理的な刺激を神経への信号へと変換する」
以上
 
PR
PR