恐竜の新種が2種見つかる、スピノサウルスの仲間、英国 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

英国でスピノサウルス科恐竜の新種が2種見つかった。新たな系統樹が示すのはこのグループの起源がヨーロッパかもしれないこと、そして2度にわたりアフリカへ移動したかもしれないことだ。

ツイッターのコメント(11)

ふ~~~~~んスピノの仲間か~~~~!!!
恐竜の新種が2種見つかる、スピノサウルスの仲間 …英国南部ワイト島の沿岸部。1億2500万年以上前、ここは川と氾濫原に囲まれたサバンナのような谷間で、新たに発見された2種の大型恐竜の生息地としてふさわしい場所だった。 この島で発見された化石がスピノサウルス科の2つ…
す!ぴ!の!!!へい‼︎
す!ぴ!の!!!!!!
地理的にバリオニクスの近縁種じゃないかな
スピノサウルス
バリオニクス
イリテーター
スコミムス
地獄のサギ...肉食恐竜に中2っぽい名前つけるの大概にしてほしいわ。しかしスピノサウルス科の恐竜って、スピノサウルス以外これといった大物がいない気がする。
「角のあるワニ顔をした地獄のサギ」
すげーネーミング
「スピノサウルスの仲間は少なくとも2度、(ヨーロッパから)現在のアフリカに移動したということになる」

| ナショジオ
「角のあるワニ顔をした地獄のサギ」
記事の後半で触れられていた北米でのスピノサウルス科未発見問題、確かに興味深い
ヨーロッパにおける多様性、スピノサウルスの起源や大移動を解くヒントに ナショジオ
以上
 
PR
PR