新型コロナのロックダウンで都市の鳥が増えていた、大規模調査 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ロックダウンで人流が抑制されると、鳥たちの行動にも変化が起きていることが大規模な調査で判明した。都市に集まった鳥たちにはある共通点があった。

ツイッターのコメント(11)

引き合いに出されるポケモン図鑑
| ナショナルジオグラフィック日本版 ロックダウン下の北米で、鳥の移動パターンや生息場所に大きな変化が生じていた…鳥たちは概ねこのロックダウンの恩恵を受け、より多くの時間を市街地で過ごすようになった…
新型コロナのロックダウンで都市の鳥が増えていた、大規模調査: ニューヨーク市の地上高くに作った巣から飛び立つアカオノスリ。新型コロナウイルス感染症によるロックダウンの間に、これらの種が目撃される頻度が増えた。(Photograph by Lincoln Karim, Nat Geo Image…
>一時的に暮らしやすくなった地域で春の繁殖期に巣作りをしようとしていた鳥たちにとって
>突然人間の活動が通常の水準に戻ったことが「生態学的なわな」に
「中にはフェイクニュースもあったが、人流が減って自然が回復するというのはあながちウソとは言えないようだ」
>「都市部における人間の活動の影響や、都会に鳥が増える良し悪しについて理解するには、さらなる研究が必要です」

※都市に棲むスズメや鳩やカラスではなく、本来なら都市に棲まない猛禽などが増えているとか
430万の目撃例を分析、行動を変えた鳥たちの共通点は
面白いな。何事も、良い悪いはすぐには見極められないね。
ロックダウンの空を駆けるもの
430万の目撃例を分析、行動を変えた鳥たちの共通点は ナショジオ
以上
 
PR
PR