コロナ「デルタプラス」株の危険度は? 今わかっていること | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

新型コロナウイルスの最も新しい変異株がインド、日本、米国、英国など10カ国以上に広がる中、科学者らが伝播性や重症化のしやすさなどについて解明を急ぐ。

ツイッターのコメント(13)

死者埋葬後即休憩の光景
| ナショナルジオグラフィック日本版サイト
デルタ株ではなく
デルタプラスです。
もう嫌。だから菅総理が言うこと聞かないから
どんなシチュエーションやねん。

デルタプラスってマジやばい
オラワクワクしてくっぞー❤️
リンクが違った、これだ。
やだこの写真、びっくらするわ😱
デルタどころか、デルタプラスってのが出てきてるらしいけど。もうきりがねー!🤣

| ナショナルジオグラフィック日本版サイト
ウイルスの生存?に有利な変異は蓄積される。複合技で来られた時に、ワクチンで産生した中和抗体が対抗できるか否かの勝負?



「大事なのは、一つひとつの変異ではなく、それらがすべて合わさることでスパイクがどのように変化するか
研究者「伝播性の高さ、重症化のしやすさ、ワクチン逃避能力の有無などを判断するには分析件数が不足しています」


2021.7.6

Delta Plus
〈ナショナルジオグラフィック日本版〉 今わかっていること|デルタ株がさらに変異、日本国内でも確認と官房長官が発表|2021.07.06| 〈情報紹介:計量計測データバンク〉
新型コロナウイルス「デルタプラス」株の危険度に関する記事を紹介します。

伝播性、現在使用されているワクチンの効果、変異部位とその効果について述べています。

はっきりしないようですが、現時点で重大な脅威とは断言していません。
「研究によれば、K417の変異は、ベータ株が抗体を回避することを助ける。つまり、デルタプラス株はデルタ株よりも、さらにワクチンや抗体を逃れられる可能性が高いということだ」
以上
 
PR
PR