“宮脇方式”の「ミニ森林」が世界で増加、都市部の植樹で人気 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

日本の植物学者の宮脇昭氏が推進してきた植樹方法が、世界の都市で取り入れられている。生態系を豊かにし、炭素を固定する効果もある小さな森に期待が集まる。

ツイッターのコメント(59)

都市の中に緑があると、やっぱり精神的にホッとする度が全然違う。
ビワを育てたいけど、めっちゃでかくなるから悩む。近隣の植生だと何になるんだろ?
考える人、実行するひと
個人でもできるのが良いなぁ
“宮脇方式”の「ミニ森林」
世界で増加
都市部の植樹で人気
個人向けミニ森林キット(約1万6500円)未来道具みがある。マイ森ほしい…。
6平方メートルでできる超ミニ森林キットは、オンラインで124.95ユーロ(約1万6500円)
ここにも日本人が❗️
「ミニ森林と呼ぶのではなく、ミニ生態系と呼んだらどうでしょう」

ジオグラフィック日本)
これは知らなかったな😲
 

 
PR