TOP > 科学・学問 > 新型コロナの起源、武漢研究所流出説について知っておきたいこと | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

新型コロナの起源、武漢研究所流出説について知っておきたいこと | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

現在、新型コロナウイルスが研究所から流出したのかどうかについての再調査が行われているが、専門家は、調査する価値はあるものの、その可能性は低く、疑問が解明されるかどうかもわからないと考えている。

ツイッターのコメント(14)

「はっきりしているのは、新型コロナウイルスの遺伝子配列が、コウモリから見つかるほかのコロナウイルスと似ているということです」
確かにMERSやSARSは動物由来だったし武漢ウイルスはその名の通り武漢から広まったからな。生物化学兵器の可能性は限りなくゼロに近いか。しかし近年発生した感染症3つの内2つが中国由来だからね。二度ある事は三度あるとも言うしSARSのワクチンはまだ完成していない(¬_¬)
確かに、新型コロナにはさまざまな陰謀論があるのは事実だが、我われがその真実を知るのは中国武漢からの流出目的が何だったのか?そこにすべての答えがあるだろう!
新型コロナの起源、武漢研究所流出説について知っておきたいこと- 米バイデン政権は8月26日までに調査報告を指示、その経緯と今後の展開は |
Newsweekは疑惑を示唆しNational Geographicは落ち着いた論調。
ただナショジオも無視できない問題なんだという印象をうける。
>生物兵器として作られたという説は「まったくあり得ない」と、米バンダービルト大学医療センターの感染症教授
>より妥当な研究所流出説として考えられるのは…手違いで流出させてしまったというもの
→初めてこのウイルスが発見されたのは南スーダンのヌザラで、倉庫番の男性が39度の高熱と頭痛で入院し消化器や鼻から激しく出血して死亡した。その後男性の近くにいた2人も同様に発症してそれを発端に感染が広がった→ので最初が分かっても意味ないと思う。wikiより
結局、起源について、はっきりした結論は出せない?

| ナショジオ
小松左京『復活の日』だよね、まんま。ワクチン摂取≠感染しない、という現実を世界は忘れているし、変異株は猛威を奮い続けているし、今後どうなる事やら。…で、流出元がウイルス研究所だった場合、世界の対応はどうなるのだろうか。そういう世界線、見てみたい気はする。
米バイデン政権は8月26日までに調査報告を指示、その経緯と今後の展開は
「一部の保守派の政治家や解説者が研究所流出説を支持してきたのに対し、リベラル派には否定的な意見が多く、[…]憶測の域を出ない流出説はまた、米中間の緊張の高まりにも寄与してきた」
疑わしきは焦土化。
北京を蒸発させれば世界は平和に傾くんじゃないかな?
“ ”

既に1年半も経っていて、キタイは証拠隠滅を図っている可能性があります。
キタイが生物兵器として研究していたウイルスが偶発的、又は意図的に流出という可能性を否定するだけの証拠もないと思います。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR