TOP > 科学・学問 > 新型コロナの起源、WHO報告書の4つの可能性を再検証 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

新型コロナの起源、WHO報告書の4つの可能性を再検証 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

新型コロナウイルスが人間に感染した経路については、WHOの報告書が4つの仮説を検証している。専門家がそれぞれの可能性を解説する。

ツイッターのコメント(18)

もう世界はWHOなんか信じてないのだ。特にテドロス辞めろ!
起源がわかれば今後の同じような感染症の発生も抑えられるかもしれないからなあ。国は関係なく、調査をきちんとして欲しいものだ…
"「人工的に作り出した」説は、今のところ研究者たちによって完全に否定されている。遺伝学的に見て、自然に発生したウイルスであることが分かっているためだ。WHOが調査したのは、野生のサンプルを研究していた研究所から、ウイルスが誤って漏れた可能性だ"
可能性と蓋然性とは異なる、ということを教えてくれる良い記事。結びの一節は特に良かった /
一斉ワクチン接種で沈静化の後、科学は未来を開けるか。
デマに引っかからないように→
「人工的に作り出した」説は、今のところ研究者たちによって完全に否定されている。遺伝学的に見て、自然に発生したウイルスであることが分かっているためだ
妥当な内容。
人工説を支持する科学者はほぼいないと思うけどね
「後者の「人工的に作り出した」説は、今のところ研究者たちによって完全に否定されている。遺伝学的に見て、自然に発生したウイルスであることが分かっているためだ。」
新型コロナウイルスの起源に関する記事を紹介します。WHO報告書の4つの可能性について述べています。

次の感染症に備えるためにウイルスの起源(自然宿主)を特定することが重要です。誰かがやらなければならない価値あるお仕事と思います。
WHOは、研究所からの流出の可能性は低いとしているが、はっきりした結論が出たわけではない。

| ナショジオ
野生動物による感染から流出説まで、米バイデン政権が詳しい調査を指示
重要なところ
・自然発生であることはほぼ確実
・コウモリ→中間宿主→ヒトの可能性が高い
・研究所からの流出説は情報不足のため肯定も否定もできない

何にせよ中国が調査させてくれなきゃ困る
コウモリからウイルスを分離し研究所で培養しているうちに漏出したとするなら変異時間を考えると25年も前に分離されていなければならず考えにくい。やはり未知の複数の中間宿主があるのでは? そこから分離した可能性はあるが?
この記事から言えることは、
・動物のサンプル調査が足りない
・研究所に専門知識のないチームを派遣した
ということ
…WHOの報告書で示された4つの説に関する証拠と、新型コロナウイルスの起源として専門家がそれらをどう捉えているかをあらためて見てみよう。 1つ目の説は単純で、新型コロナウイルスが動物(おそらくコウモリ)において…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR