TOP > 科学・学問 > 苦味に敏感な人は新型コロナに強い、研究、異論も | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

苦味に敏感な人は新型コロナに強い、研究、異論も | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

「スーパーテイスター」と呼ばれる苦味の感覚に優れた人たちには、新型コロナウイルスの感染に対して抵抗力があるのかどうかを探る研究が進められている。

ツイッターのコメント(12)

T2Rって聞いたことあんなと思ったらメガしたやつか!うちらの学年だけコロナで自分のはやってねえわ!
(ナショナル ジオグラフィック日本版)

なんだかんだごっくんを嫌がるカノピッピを説き伏せる大チャンス…‼️
この記事興味深い。コロナに限った話ではなく、つまり苦いの苦手=味蕾の多い人、はウイルスと戦う能力が高いという事なんだけど、私苦いの普通に食べられるなあ……
以下を見つけ、どうしてそんな事に気が付いたのか?
の方が、不思議だった❗️
✳️TV見てないから知らなかったが嫁が初期
「味覚が分からなく成ると言ってたヨ〜」と、
成る程
乳頭突起はまさに鋭いセンサー素早く抗体が処置!

>
過剰に苦味を感じる自分は、もしかしたらコロナに強いのかもしれない。
成る程、そう云うメカニズムか‼︎🤔
……けど、コロナはワクチンでリスクを抑えられるんだから、野菜が喰えた方がいいかもなぁ……(-᷅_-᷄;)
苦味に敏感な人は新型コロナに強い、研究、異論も。

ホップと麦だけのビールをコーラ感覚で飲んで、バーボンをフルーティで甘いと感じる私はコロナになりやすいのか?!
サンプルが少ないけど面白い研究だな
なお大腸ポリープが発生しやすくなるという研究結果もあるあたり生物の進化はトレードオフなんだなって
うちのダンナはスーパーテイスターかもしれない。苦味は腸が感じるので腸内細菌も関係あるのかな。腸の調子が悪い時は苦味を強く感じる。
国産はそうでもないけどアメリカ産ブロッコリーは苦いよね。
>スーパーテイスターは大腸にポリープができる可能性が高い。大腸ポリープは、そうした苦味のある野菜の摂取量が少ないことと関連し、がんのリスク要因だ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR