TOP > 科学・学問 > ティラノサウルスは群れで暮らしていた? 新たな証拠か | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ティラノサウルスは群れで暮らしていた? 新たな証拠か | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ティラノサウルスの仲間であるテラトフォネウスの複数の個体の化石が一カ所で見つかった。論文によれば、ティラノサウルスが社会的な集団を形成していたという仮説を補強する発見だという。

ツイッターのコメント(15)

恐竜のいた時代ってロマンだよなあ。ちびっこの頃に始祖鳥とか言う中二病心をくすぐる言葉にワクワクしない男の子はいないのだ

| ナショナルジオグラフィック日本版サイト
「どの個体もどうやら同じ場所で、同じ時に死んだように見えた」つまりティラノサウルス・ニンジャによる集団同時セプクである
集団で生きていた事だけは確か
複数の個体の化石が1カ所に、集団をつくる仮説を補強する発見 ナショジオ
テラトフォネウス数頭がまとまって見つかった
ティラノサウルスが狼や一部のワニみたいに社会性を持つ生き物だった可能性があるのか。/
集団で同時に死んだと思われる化石がある、ということなのだが…

| ナショジオ
ジュラシック・パークとジュラシック・ワールドつくり直さないと。⇒ 新たな証拠か|ナショナルジオグラフィック
複数の個体の化石が1カ所に、集団をつくる仮説を補強する発見
テイラのサウルス科のテラトフォネウスはTrexの半分ほどの大きさ。

ヌーの群れが川を渡るときにイリエワニが集結するみたいなことが肉食恐竜にもあったかもしれませんね。
2014年7月、米国ユタ州南部の公有地でカメの化石を探していた研究者らが、「殺戮モンスター」の痕跡を発見した。テラトフォネウスという、ティラノサウルスの仲間の足首の骨だ(学名:Teratophoneus curriei、Teratoph…
恐竜の社会的行動ねえ…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR