TOP > 科学・学問 > 悲痛すぎるインドの現状、コロナ第二波の原因は「油断」 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

悲痛すぎるインドの現状、コロナ第二波の原因は「油断」 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

急激な患者数の増加により、インドの医療システムは崩壊している。病床、酸素、薬が不足するなか、新たな変異株も報告されている。

ツイッターのコメント(69)

「一般的にどの国でも、第2波は第1波よりもはるかに大きくなっています。その理由は、第2波では多くの若年層が感染するからです」

長いですが、必読。コロナ疲れ、特に若者がカギ。
こうやって感染が拡大する……
「私たちは完全に油断し、1月にはパンデミックが終わったと思い込み、新型コロナの監視と制御は二の次になっていました」とインド公衆衛生財団(PHFI)のK・スリナス・レディ会長は語る。
これは本当?
マジでテレビはこう言うの報道した方が良いと思う。
お仕事先のインドと日本を行き来する生活だった方が、本当は先月あたまに出発だったけれどこりゃ当分無理だなっておっしゃってました。で、結局ずっと延期になってるもよう。
油断、、改めて気をつけたい
オリンピックを強引に開催したら日本もこうなりかねんな
日本もこうなりそう…
変異に変異が重なったウィルスは厄介だ。
今の菅政権の話かと思うような内容に唖然とする。明日の日本ってことか。日本も今のこれが本当の第二波の始まりな気がする…
真面目に自宅療養になった時用の備えをしておこう。怖すぎる
《“二重変異”株B.1.617が原因となった感染は、全国の症例の約10%にすぎないことも判明した。B.1.617が広がっているマハラシュトラ州ですら30%しか占めていなかったのだ。「私は、今回の感染者の急増は人々の行動のせいだと思っています」と氏は言う》
インドは一旦コロナ収束と思える程感染減少したのに政府が専門家の警告を無視し再び感染爆発。「今回の感染者の急増は人々の行動のせい」「どの国でも第2波は第1波よりも遥かに大きくなっている」「第2波では多くの若年層が感染するから」このままじゃ日本もインド化するぞ
→それくらいの想像力はあっていいハズです。楽観も悲観もせず「悪いのはウイルス」という現実を見るべき。
亡くなった多くの方の死を無駄にしないために、なぜこうなったかは我々一人ひとりが学ぶべきと思いました。
「ベンガル株」と呼ばれる感染力の強い“三重変異”株
やばすぎる
うわあ…これもう別種じゃないの

> 今回の新たな流行には、過去の感染による免疫を無効化する「エスケープ変異」が関連すると強く示唆されている。
今日たまたま話した人が言ってた。
道端で遺体焼いて、その灰が空気を舞ったり川に流れ込んでる。
灰を吸って感染。
川に入って感染。
地獄だね。
これでオリンピックとか正気なのかしら。
日本もぜんぜん無関係の話じゃない。緊急事態宣言の早急な解除や人々の油断で簡単にインドのようになってしまう。大阪もそうだったではないか。
日本も他人事ではないよ…
日本は清潔とは言えインド株が流行ると考える
酸素発生機がいつか必要になるかもしれない
爺ちゃんの介護用で実家にあったかもしれない
常に先を見ておこう
家族を守るために
大騒ぎしてる変異株がインドの感染の中心ではない、
従来種が油断により急拡散した、て 重要な知見よね
インドやばい理由を調べてるがインド政府の失態は日本政府の比ではないようだな…
「医療資源を他国に輸出」「4月22日までに約6600万回分のワクチンも輸出している」
示唆的な記事。痛ましい限りだ。

 ナショナル・ジオグラフィック
インドの再パンデミックは「油断」がそもそもの原因。我々も改めて気を引き締めなければなるまい。

GW真っ只中、まさか普通に休暇を満喫したりはしてはいないだろうか。今一度自らの行動を戒めよ。インドでの惨状は決して対岸の火事ではないのだ。
「パンデミックはまだ終わっていないと警告し続けましたが、誰も耳を貸しませんでした」。インド中南部ハイデラバードにある細胞・分子生物学センターのラケシュ・ミシュラ所長はそう語る。
日本が第2のインドにならないことを祈ります。
たった数ヶ月でここまで様相が一変するのは本当に怖い。
半年後の世界への教訓
FANTAさん
日本ではこんなニュースが流れています。どっちが本当か田舎に居るとわかりまてん。
危機感不足=油断は、感染拡大の原因になりうる。

インドのコロナパンデミック、悲惨すぎる…1日で31万感染って…
医療システムがパンクしていたり、クンブメーラを通常通り実施したり、エスケープ変異株の出現が指摘されてたりと、インドの現状がよくわかった。
あの人だらけの国土で、集団免疫がそんな早くに獲得できるわけないだろ!
今回の件を受けて、インドでナショナリズムが過激化しないといいが・・・。
ちょっと自粛を頑張ろうかなって思った。
気をつけなくては
完全に抑え込んでいたと思われていたインドの現状がこれだものね……😭
1日2800人死亡…
日本ほど高齢社会でもないのにそんなに死ぬのっ
この状況に至っても、コロナで亡くなった家族にすがりついて泣いている映像も流れてる
人口が多過ぎて全てを統制出来ないのか、インドの人々の意識が低いのか。
もともと衛生観念の低い国。
まだまだ地獄は続くだろう
日本の現状をさらにスケールアップしたのがいまのインドだろうけど、これだけ新規感染者がいると続々変異が生まれそうだし、国際社会からのワクチン援助などは間に合うか…:
以前、インドでは感染者が少なく「カレーがコロナに効くのでは?」とかなんとか言われていたのに今はこの惨状。
残念ながらカレーはコロナに勝てなかった。
こういうのをこそ「他山の石」とすべきだ。
「火葬場は遺体であふれかえり、24時間体制で作業が行われている。酷使された火葬炉は溶け、外には火葬用の台が増設されている」

やっぱ医療崩壊というからにはこれくらいでないとな。
最低でも死体の山。
“ ”

このインドの悲惨な現状を心に刻むべきです。
1日の新規感染者35万人とか見ちゃうと、大阪なんて誤差やんって思えてくる。
こっちのリンクはっておこう。//
原因が「油断」って超こわい。他人事じゃない>悲痛すぎるインドの現状、コロナ第二波の原因は「油断」
マスクをしない人にも正義がある説のひとはこういうの見てどう思うのだろう…その謎すぎる信念で自分の子が感染した時、後悔しないんだろうか
こういうの読むと、緊急事態宣言も仕方ないか…となる
数字を見誤ったのもあるし、複数の株による複数の流行だという本質が今になって見えて来たのもある。
>これだけ人の移動が多い時代においては、全世界がしっかり免疫を獲得しない限り(集団免疫は)実現しません
対策を緩めた結果、感染再拡大という流れは世界でも。
地域によっては集団免疫レベルの感染率だったインドでも、これなんですよね‥。
数年はマスクを手放せない。
第一波の「経験」は、当然、第二派の経験ではない。役に立たない経験から判断してはいけない。
“世界最悪”のインドでいま何が? 早過ぎた集団免疫の幻想、新規変異株も出現
内容読むと他人事と思えなくなる
酸素を輸出に回してたのは知りませんでした。人々の行動は予測できないなことも多いので、リーダーは最悪の事態を念頭におかないといけない。規制は迅速に、緩和は慎重に、と自戒を込めて。
インドの人々が何事にも楽観的でリスクマネージメントができないと、以前からいろんな人から聞いていたけれど、あまりに楽観的過ぎたなこれは。
インドの急増えっぐ /
こういうのを見るとcovid19の脅威は本当にインフルエンザ以下なのかと考えてしまう。

インドのインフル死者数は多くて1日10人程度に対してコビ19死者数は2812人。

コビ19検出で交通事故死者や老衰死者数もカウントするインチキしたとしても多過ぎじゃないかな。
空港検疫


“世界最悪”のインドでいま何が? 早過ぎた集団免疫の幻想、新規変異株も出現
メディアの報道によると、2020年9月から2021年2月中旬にかけて患者数が減少する中、モディ首相率いるインド政府は専門家による第2波到来の警告を無視した。1月の時点で新たな変異株が確認されていたにもかかわらずだ

📍 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト|出所 厳選
【 - 2021/04/27】

* インド公衆衛生財団「完全に油断し、1月にはパンデミックが終わったと思い込んだ」
* 疫学者「インドは広大で多様性のある国、複数の変異株出現が予想される。それらを個々に特定し追跡する必要」
外飲みとかオリンピックとかでいい加減な事してたら、日本も酷くなると思うな。
第一波の時も火葬場がキャパ越えして外で野焼きしてた🥶 院内の酸素が底をつくとか先々月くらいから報道してたような
…対岸の火事ではない
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR