TOP > 科学・学問 > コロナワクチンは発症だけでなく感染も予防、わかり始めた効果 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

コロナワクチンは発症だけでなく感染も予防、わかり始めた効果 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ワクチン接種は本人を守るだけでなく、他人にウイルスを感染させるリスクも低下させることが最新の研究結果から明らかになりつつある。

ツイッターのコメント(22)

きちんと検証してるな〜
どこかの国とは大違いだわ
簡潔にまとめるとこんな感じ。

・ワクチンとは本来、感染ではなく発症を防ぐもの
・新型コロナのワクチンには発症防止のほかに感染防止にも効果がある
・ワクチン接種後も100%感染しないわけではない
これ系は不用意なタイトルつけちゃダメよ?
/
期待したいニュース。
感染を減少・予防させる効果も分かってきています。
>接種を済ませたら、重症化が予防でき、感染から十分守られている可能性が高くなったと考えていいでしょう。でも、変異ウイルスは次々に生まれていますし、私たちは集団免疫には程遠い状況です。今後も用心を怠ってはなりません
mRNAワクチンによって作られた免疫によって、重篤症状の発症だけじゃなく、感染を予防する効果もあるというデータが集まってきたらしい。

「接種を1回受けた後に感染した人の場合、未接種に比べてウイルス量がおよそ3分の1から4分の1に減ったことが明らかになった。」
この解説なら納得出来る。
なんかワクチン打とうかなって思えた。
日本の医療者はなぜこういう機序をちゃんと説明しないんだろう。
Ⅲ相試験の結果、プレプリントの内容がザックリとまとめられた記事。更なる臨床、続報を<<
「『ワクチン開発の究極の目標は感染そのものを阻止することですが、その達成はとてつもなく困難です』とカナダ、マニトバ大学のウイルス学助教授ジェイソン・キンドラチュク氏は話す」
来週接種予定なのだけど、どこまで効果が期待できるのかと検索したら、なるほど、感染自体の確率も減らせるし、重症化も防げ、さらに他者に感染させるリスクも減らせるのか。おとなしく受けに行かねば。
よしよし。人類、あとはワクチンの順番待っていればいいだけ。それまで感染しないようにがんばろー。
————
ワクチン打ったウェーイ→ウィルスゲット→ワクチンのお陰で元気→無症状ばらまきになるんじゃないの?と疑ってたけど、感染にも効果は見えてきたみたい…が、判明する前に変異スピード早くてやっぱ安心できん。
無料登録で全文読めました。
なるほど、なるほど。という記事。
「ワクチンは第一に、感染そのものではなく病気になること、すなわち発症を防ぐもの」
「ワクチン接種が拡大すればするほど人々の感染リスクも低下する」
欧米人とおなじ量でなくても日本人には効きそうと思っちゃう。
1瓶6回が欧米人なら、体格から日本人は7~8階は行けるのではないかと・・・
感染そのものを予防するワクチンとは前代未聞
どういった反応が体内で行われているのか非常に気になる
- ナショナル ジオグラフィック日本版
ワクチンさえ打って健康に気をつけてれば、そんなに過敏になるほど危険な病気ではないんだな。
インフルエンザの方が死にそう。
ワクチン接種済みの人が無症状の状態でウイルスを撒き散らす可能性は低い(証拠は結構ある)。ただし、変異型はまだ分からない。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR