TOP > 科学・学問 > 太古の地球にティラノサウルスはどれほどいたのか、研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

太古の地球にティラノサウルスはどれほどいたのか、研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

太古の地球にどれほど多くのティラノサウルスがいたのか、研究者が最新の知見を用いて推定した。なんと数十億頭ものティラノが生まれ、死んでいったという。

ツイッターのコメント(26)

東京都の範囲に20頭は多いか少ないのか🤔
「半径6キロ圏内に1頭の割合」って、多いのか少ないのか、ちょっと見当がつきません。
〈ナショナルジオグラフィック日本版〉古代|太古の地球にティラノサウルスはどれほどいたのか、研究|総個体数を推定、数百万年の間に25億頭が出現した可能性|2021.04.23| 〈情報紹介:計量計測データバンク〉
先日の「ティラノサウルスの個体数」に関する研究、ナショジオさんに記事があがっています→ 。
東京都内の広さに約20頭いる計算になるんか(なお生息地は北米)…
化石にすらなれず後世知られる事のない未知の生物がいたっていうのロマンだけど知りたいのでタイムマシンはよ。
みんなが気になっているティラノサウルス個体群密度。
「どれぐらいの生物種が化石になることなく消えたか」というのは興味深い
半径6㎞圏内に1頭の割合でティラノサウルスが居たの!?
てことは餌になる恐竜等もかなりいたことになるね。
同時生息数は2万頭…思ったより少ないんだな。
デカいだけに増え過ぎたらエサなくなるか。
Tレックスの生息数を推定した研究のナショジオ版
総個体数を推定、数百万年の間に25億頭が出現した可能性
太古の地球にティラノサウルスはどれほどいたのか 6700万年前の米国モンタナ州にタイムトラベルしたら、ある暴君の支配域に入ることになる。その暴君とは、ティラノサウルス(Tyrannosaurus rex)だ。ただし、あの世界に足を踏み入れる前に知っておきたいことがある。ティラ…
ああそっか、食われる側は骨までバラバラにされるし小さい分化石になりにくいはずだな
ティラノサウルスが、どのくらいの密度で
生息していたか推測された研究
東京都内の広さに、およそ20頭
意外と少ない
これ哺乳類で見つかった法則を元にした推定なのね
こう言う記事って本当ロマンがあってシンプルに面白い。
総個体数を推定、数百万年の間に25億頭が出現した可能性|ナショナルジオグラフィック日本版サイト
太古の地球にティラノサウルスはどれほどいたのか、・・総個体数を推定、数百万年の間に25億頭が出現した可能性
研究 |
「どれくらい失われたかを知ることは、どれくらい存在するかを知ることと同じくらい重要です」
深いなあ
総個体数を推定、数百万年の間に25億頭が出現した可能性 ナショジオ
>東京都の広さなら20頭がいた計算だ。
わりと遭遇しそうな数やんけ
「およそ2万頭が同時に存在し、約12万7000世代にわたって存続」「北米の生息地に、200万〜300万年にわたり、合わせて25億頭のティラノサウルスが生息していた」

| ナショジオ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR