TOP > 科学・学問 > 史上初の火星ヘリコプターが離陸へ、そのすごさを解説 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

史上初の火星ヘリコプターが離陸へ、そのすごさを解説 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

史上初めて、火星の平原からヘリコプターが飛び立とうとしている。きわめて薄い大気と、極寒の夜をどう乗り越えるのか。その難易度と、克服する技術を解説する。

ツイッターのコメント(42)

今更ですが、凄いよなぁ。
ドローン技術の賜物やね。
あとこれ、
「ライト兄弟が1903年に初の動力飛行に成功した「ライト・フライヤー」に使用された布を搭載している。」
最高に胸熱やね。
地球なら高度3万メートルに相当する薄い大気

竹とんぼ程度飛んだのか。
解り易く解説されてますね!

JPLさんもCGでのシミュレーションはかなり行って
たんでしょうけど。
高度3万メートルですかぁ...。
火星ヘリ、夜寒いから(マイナス90℃やて!)ヒーターもついてるらしい。すごい!
史上初めて、火星の平原からヘリコプターが飛び立った。米国時間4月19日、NASAの小型ヘリコプター「インジェニュイティ」は、地面から約3メートル上昇し、ホバリングした後、赤いほこりを巻き上げながらゆっくりと…
数日前のナショナルジオグラフィックにも、記事があった。
火星でヘリ飛ばしたの!?
すごい!!!

ということで解説記事あったので引用しときます。
待機、地球よりずっと薄いですしね。重力も弱いですが。
大気、ずっと薄いですしね。
史上初めて火星でヘリコプター...

惑星探査はともかく、惑星開発の初期には3Dプリンタで自己修復、とかあるんですかね。それとも大量に持っていく?
成功して欲しいのだ!
エベレスト登山なんかでも活躍しそう
>
この部分がめっちゃエモい
NASAのこういう所が好き

「インジェニュイティにはその歴史的な意義を示す印として切手大の布が搭載されている。ライト兄弟が1903年に初の動力飛行に成功した「ライト・フライヤー」に使用された布を切り取ったものだ」
ボツ問題が出来ちゃったので供養
NASAが火星に送り込んだマシーンで、[キュリオシティ]といえば[車]ですが、[インジェニュイテ]といえば何でしょう?

正解:ヘリコプター
みなさま、こんばんは♪
一日お疲れさまでした😊

今朝ツイートした「」
飛行はまだのようです😊
地球の高度3万mに相当する大気でローターは通常の倍の回転速度が必要とのこと
成功して欲しいです♪
あきらめないNASA😳
「地球の真空室での試験飛行を成功させるまで約20年がかかった」
>米国時間14日、地球なら高度3万メートルに相当する薄い大気
空気と重力が無いとヘリは飛べないからな。ヘリが飛べる範囲内の空気と重力ってのが驚きだわ。それこそイオン推進機関の方が良い気がするけどな。知らんけどw
「火星でヘリコプターを飛ばすのは恐ろしく難しい。火星には、地球でいえば高度3万メートルの大気に相当する薄い大気しかないためだ」
大気の薄さに言及するなら重力についても述べるべきだと思う
人間の探求心ってすごいよね!
"史上初めて、火星の平原からヘリコプターが飛び立とうとしている。NASAの小型ヘリコプター「インジェニュイティ」が最終試験を実施中だ"


"米国時間14日、地球なら高度3万メートルに相当する薄い大気"
大気が薄いかどうかで左右されるとは思わなんだ
パーシビアレンスヘリまもなく離陸。
火星の大気でも飛べるんだ。
大気が薄い火星でヘリをとばせるか?

| ナショジオ
米国時間14日、地球なら高度3万メートルに相当する薄い大気
「インジェニュイティには、その歴史的な意義を示す印として、切手大の布が搭載されている。ライト兄弟が、1903年に初の動力飛行に成功した「ライト・フライヤー」に使用された布を切り取ったものだ。その飛行時間は、わずか12秒だった。」
いよいよ火星ヘリコプターの初飛行🚁
果たしてほんとに飛べるのか…😳
[ナショジオ]


>史上初めて、火星の平原からヘリコプターが飛び立とうとしている。NASAの小型ヘリコプター「インジェニュイティ」が最終試験を実施中だ。

米国時間14日、地球なら高度3万メートルに相当する薄い大気
火星に白衣の人おるやん、とか…
インジェニュイティには切手大の布が搭載されている。ライト兄弟が、1903年に初の動力飛行に成功した「ライト・フライヤー」に使用された布を切り取ったものだ。
殆ど空気の無い所でヘリを飛ばすってそれ無理ゲーもいい所だろ?
火星は地球より重力値が低い 飛びやすい?
火星の空気が物体として薄い 回転翼で飛べるのか?
火星の生物史で飛べる生き物は居たのか?
最後のライト兄弟が世界初の飛行機に使った布の一部が使われているってとこ読んで歴史の一部って感じして震えた
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR