TOP > 科学・学問 > 家畜を食べたライオンの悲惨な末路、最新研究、共存の鍵は予防 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

家畜を食べたライオンの悲惨な末路、最新研究、共存の鍵は予防 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

報復をさけて別の場所に移動させられたライオンの高い死亡率が新たな研究によりようやく明らかになった。保護活動家は最善策としてトラブルの予防を呼びかけている。

ツイッターのコメント(33)

どうすればいいと思う?>>
日本でいう所の町に降りてきた熊かな……
人と野生動物の距離……
想像以上に複雑な話だった。

家畜を食べたライオンの悲惨な末路が明らかに、最新報告 (ナショナル ジオグラフィック日本版)
家畜を食べたライオンの悲惨な末路が明らかに、最新報告 (ナショナル ジオグラフィック日本版)
#ダレスミ
アフリカ保護区ってそんなに近くに家畜がいるの?どう考えても一度楽に獲物を手にしたらそれを続けるし移植が難しい動物と分かってるなら、住み分けに問題があるとしか言えんがな…😢
家畜を食べたライオンの~末路、最新研究、共存の鍵は予防 | ナショナルジオグラフィック
ボツワナで野生動物保護に取り組むグリン・モード氏は、科学者は研究対象に愛着を持つべきではないことを知っている。しかし、モード氏とその同僚たちは、彼らが「マギギ」と名付けた6歳のライオンの幸運を願わ…
“アフリカの野生動物は、世界でもとりわけ共存が難しい相手です。共存は必ず達成が可能ですが、アフリカにはこの問題に取り組むための支援が必要なのです”

人類の手の大きさの問題に帰着するのか。

どこも同じだね...
「人道」ってなんだろう?
「自然」ってなんだろう?
人間の都合で…😢
人間の居住地域と農業エリアが近くなると衝突と人獣共有感染が多発するようになる、、中国が終わったら次は必ずアフリカだろうな。その前に環境が死ぬ。
今日も一頭野生のライオンを救った球団がある一方でこんな事が
今年はたくさんの野生のライオンを救ってあげてほしい
大半の大型肉食獣を元の場所から移植させると、たとえ数百キロ先からでも元いた場所に戻ろうとし、戻る途中で死んでしまうことも
「報復さけ転地させても4分の3が1年以内に死亡」
“大半の大型肉食獣が、たとえ数百キロ先からでも元いた場所に戻ろうとした、あるいは戻る途中で死んでしまったことが示された。”
胸が締め付けられる思いで記事を読んだ。
人間のエゴでライオンの居住地を狭くしている事実。
何十回も書き直しをしたが、文字制限で真意が伝わる文章が書けない。
こういうのを見るたびに、私は一つの答えにしか辿り着けないのです。
ーー
迷惑をかける動物に情けをかけてもダメなのだ。
“一般に、インドのトラから米国のオオカミまで、問題を起こす肉食動物を移殖させるという対策は、複雑か、あるいは期待にそぐわない結果に終わることが多い。”
😢
スポイルされたら野生には戻れない。だから飼えば良いのだ。
なんかアンチリベラル的(?)思想をインストールしてしまったせいで、ライオン保護に与する富裕層、寄付者って現地人にとっては、猟友会に熊を打たないでって頼む人と大して変わらないようにも思います。
| ナショナルジオグラフィック
自分の手を汚したくないからって上手くいかない事がわかっててもコストを掛けて厄介払いしたがるのがヒト。
“人道的”という名のヒトのエゴは非合理的。
難しい問題よなぁ
アフリカの経済発展の一番の問題は、未だ広大な自然環境の存在ですね。経済は必ず自然を侵蝕しますからね。先進国の全てがそれを体験している訳で、アフリカが例外とはならないね。 虎とか狼とか、みんなその犠牲者。
クマの奥山放獣と違って、保護区への再導入が「移植」なのね。そりゃ、狩りが楽な家畜の味をしめたら、また襲うでしょうね。
「一般に、インドのトラから米国のオオカミまで、問題を起こす肉食動物を移殖させるという対策は、複雑か、あるいは期待にそぐわない結果に終わることが多い。 」>
肉食獣を本来の生息地から別の場所に人為的に移動させても大半が死亡してしまう。/ –報復さけ転地させても4分の3が1年以内に死亡、支援要するアフリカ
どうでもいいけれど、第三世界のfarmerを「農民」、先進国のそれを「農家」と訳し分けるの、よくあるけど、なぜなのだろう
ライオンに家畜かどうかなんて関係ないからね。野生の熊と同じで人間との共存は難しい・・・
楽な家畜狩りを覚えてしまうと繰り返すことが多く、新しい環境がストレスになることも多いようです
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR