TOP > 科学・学問 > 人間の足が続々漂着「セイリッシュ海の謎」、科学で解明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

人間の足が続々漂着「セイリッシュ海の謎」、科学で解明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

北米西海岸のセイリッシュ海に、2007年以降21個の人間の足が流れ着いている。連続殺人犯の仕業か?なぜ足だけが漂着するのか?科学者が謎を解き明かす。

ツイッターのコメント(274)

確か、これだ!
つまり、今あなたの食っているそのエビやカニは、人を食ってるかもしれないってことだ!!キャァ~!!!😱😱😱😱😱😱😱😱😱😱
めちゃくちゃ面白い・・・
なかなか興味深い。分野を超えた融合でミステリーに迫る感覚が良い。
推理小説みたいで面白かった

≫謎を解明するのに必要なのは、その手がかりを追ってみようという意思と忍耐力、勇気だけ。そして時に、それらはスニーカーを履いて現れる。
不思議な謎を色んな方面から検討し解明していくの気持ちいい。ヒトの代わりに実験される豚さんありがとう…/
面白いと言っては不謹慎かもしれないがとても興味深い。
これだけでもすごく小説っぽい。
自然界って不思議だなぁ。
ちょっとグロいけど元記事。
一時期話題になった話だね -
ちょっとしたミステリー。でも、科学で解明と。(ちょっと怖い記述があります)

ンな〜〜るほどねぇ〜〜
太平洋側は潮流も風も陸側に向かってくるものではないから、足首だけ浮いてきても大海を漂うだけだろうし、日本海側には内海ぽい地形が無いのが幸いした感じか。
他にも色々流れつきそう
素敵に食欲が失せる記事であった(褒めてる)
オチがまた良い
※画像はないけどグロ注意
なるほど興味深い
不気味な事でも科学で解明出来る物もある。そして、されないものもある……
興味深い記事だった
あと流れてきたこれも読んだ。面白かった。ナショジオの締め方が超クール

 沈んだ体は、まっすぐ海底へ降りていく。しばらくすると、陸上の死体と同じように膨張して浮いてくることもあるが、いつもそうなるとは限らない。
どんな不可思議な現象でも、科学の光を当てれば解決する、現代科学スゴいな。尚、表題を御覧になれば解ると思うけど、結構グロいので注意。
面白かった
めちゃめちゃ面白いなこの記事
怪奇大作戦みたい
面白かった。リアルBONESだ
カナダの海に発生する怪現象を科学の力で解き明かしていくやつ
俺も足だけになって海に漂着してー(白目)
普通に面白かった記事
靴拾って、妙に重かったら嫌な予感するよね。
「一連の発見は広く知れ渡り、ウィキペディアには専用のページまで作られた」ググったら日本語版もある/
元の書籍面白そうだな。溺死体が沈んで死蝋化し、海底でロブスターなどにかじられて足だけが外れ、スニーカーの軽さで浮かび上がり、海流によって同じ地域に漂着する/
"科学者は、たとえ真実がつまらないものであっても、正しい答えを追及する。迷宮入りしていたかもしれない謎に科学が手がかりを与えてくれるというのは、よく考えてみればすごいことだ"


>靴の中には靴下が、そしてその中には、人間の足が入っていた

ヽ꒰´д`ヽ꒱(ノ´д`)ノイヤァ~
ほんま、霊能力者を称する奴って阿呆しかいないんだろうな。
★人間の足が続々漂着「セイリッシュ海の謎」、科学で解明(ナショナルジオグラフィック)

科学的に解明されたとしても、不気味は不気味。
「シーフードレストランに並ぶ食材たちが逆襲してきたかのようだった。」
これ未解決事件ファイル的な読み物で見たきり気になってた。答えが出ていたとは😃✨
「謎を解明するのに必要なのは、その手がかりを追ってみようという意思と忍耐力、勇気だけ。そして時に、それらはスニーカーを履いて現れる」→『人間の足が続々漂着「セイリッシュ海の謎」、科学で解明』
ホラーやミステリではなく、科学であり法医学である。
いつかミステリーを書くときの参考にしよう。今のところ予定はないけど。
靴を履いた人間の足首が流れ着くことで有名なビーチ、原因解明さる
こういうの好き。謎解きあり
SCPだと思ってた少年の夢を返せ
ナショジオの記事。一見、怪奇現象のようでいて、科学的説明により全てを回収。面白い。---
おもしろかった。人体発火現象の人体ろうそく化説もこんな感じで偶然に偶然が重なって…って感じだったっけ
海底に沈んだ水死体が海洋生物に食い散らかされたのち、足首から先だけがスニーカーのソールの浮力で海面に浮かび、風や海流によって特定の海岸に漂着していたというオチ。
>セイリッシュ海は人の足を引きつける条件が見事に揃った環境になる。

こんなにも 揃ってほしくない条件ってある???
「水中で肺に空気が全く入っていない状態で体重測定のために待つのは簡単なことではないが、彼らは屈強な海軍兵だ」
もっと見る (残り約224件)
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR