TOP > 科学・学問 > ストーンヘンジの起源に新説、石はリユース品だった | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ストーンヘンジの起源に新説、石はリユース品だった | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

有名なストーンヘンジには、前身となるストーンサークルがあったとする新説が発表された。石がストーンヘンジに再利用された可能性も浮上している。

ツイッターのコメント(19)

めっちゃ面白い
直径や石の並び、素材も同じストーンサークルが見つかる - NATIONAL GEOGRAPHIC
ストーンヘンジ5000年以上前から存在してて、その元になる巨大遺跡を解体して280km離れたところから今の場所へ運ばれたっていう最新仮説やばすぎ

魔術師マーリンが巨大遺跡を解体して運ばせたっていう伝説があって仮説と被るのもやばい
直接関係ない話で恐縮ですが。
80年代の訪英時、ストーンヘンジの岩に地元民ぽいローティーンの少年少女らが十数人、悪ふざけで飛び蹴りしていて、アタシら観光客は「そんな事して大丈夫か」とハラハラ。
警官二人がやって来て笑い逃げ散る子らを追ったり、観光客に謝ったり。
「研究チームは、ワイン・マウンの建設者たちはが約5000年前にこれを解体し、その石の一部を280キロ東のソールズベリー平原まで運び、ストーンヘンジの建設に使ったのではないかと推測している」
直径や石の並び、素材も同じストーンサークルが見つかる ナショジオ
式年遷宮の逆で、同じ材料で別の場所にモニュメントを建て直さなくててはいけない信仰があったとか?
ストーンヘンジ近所で、レイラインとされる町「ソールズベリ(ニューセーラム)」も、元々「(オールド)セーラム」が移動したらしいので、引越し説は面白い。

| ナショナルジオグラフィック日本版サイト
魔術師マーリンの伝説が、部分的に実際の出来事を語ったものだったのかもしれないというのは面白い。
永遠に答えはみつからないのかもしれないけどこの新説はおもしろい。驚きとロマンがある。

| ナショナルジオグラフィック日本版サイト
色味を見ただけでてっきりボラプ関連ニュースと思ってしまう…。
モアイに匹敵する遺跡
空の色がボラプカラー😂
やや証拠が少ない気はするがおもしろい説だ
世界で最も有名な遺跡の1つ、英国のストーンヘンジ。4600年前にイングランド南部のソールズベリー平原に造られたこの遺跡は、今も多くの謎に包まれている。 最新の研究で、このストーンヘンジの始まりについて新たな物語…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR