TOP > 科学・学問 > 地球の「退屈な10億年」の謎を解明、造山運動が停滞していた | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

地球の「退屈な10億年」の謎を解明、造山運動が停滞していた | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

環境の大きな変動がなく、生命があまり進化しなかった「退屈な10億年」と呼ばれる18億~8億年前に、地球の造山運動が停滞していたとする論文が発表された。

ツイッターのコメント(23)

「18億~8億年前、生命進化の停滞や海の貧栄養化の原因の可能性」超大陸ロディニアの「毛布」も影響の可能性。
嫌気性微生物と好気性微生物の死闘が繰り広げられてたと思うと胸が熱くなる

>
白亜紀、ジュラ紀、恐竜のいた「人類」をテーマにした時期のころの記事を読んでたことがあるけど、その後大きな大陸変動・気候変動が余りないのが不思議で。◆
興味深いのでまた後で読む〜。
とても興味深い…!( ..)φメモメモ
本文とはあんまり関係ありませんが、生物の歴史ってあと10億年くらい早くてもよかったよねと勝手に思っています
あとでよむ
?
記事の元になっている論文自体は仮説の一つに過ぎないものらしい。

けど、面白い話だったし、勉強にもなった。
これは凄い!
〈ナショナルジオグラフィック日本版〉地球の「退屈な10億年」の謎を解明、造山運動が停滞していた|18億~8億年前、生命進化の停滞や海の貧栄養化の原因の可能性|2021.02.16| 《情報紹介:計量計測データバンク》
私たちの命は
本当に一瞬にも
ならないんだな。
愛しいなぁ。
(ナショナルジオグラフィック日本版サイト)
もしもあなたが10億年前の地球を探検できたとしたら、目を引くものがないことに驚いただろう。樹木や昆虫をはじめ、空を見上げても鳥もいない。生きものは、どろりとした原始の海のスープに浮かぶ単純な微生物だ…
凄えなと言いたい事は山とあるんだが、
まずはタイムスケールの違いかなw
8億~8億年前、生命進化の停滞や海の貧栄養化の原因の可能性

全球凍結なんてイベントも起きていた
地球の歴史は謎に満ちている
退屈な十億年の間に何が起きていたか
生命の進化も停滞した18億~8億年前にかけての「退屈な10億年」、プレートがあまり動かなかったのが原因かもと。環境の変化が進化の主要因ということではある。
18億~8億年前、プレートは今日のように常に動いておらず、それが生命の進化を停滞させたのかもしれないという話。

| ナショジオ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR