TOP > 科学・学問 > 5700年前の北欧の女性、ガムに残るDNAを完全解読 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

5700年前の北欧の女性、ガムに残るDNAを完全解読 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

5700年前の女性が噛んだ樹脂からDNAの抽出に成功し、食生活や口内の細菌叢が明らかになった。人の完全な遺伝情報を人骨以外から得られたのは初。...

ツイッターのコメント(13)

古代ヨーロッパの多くの狩猟採集民と同様に、青い瞳に浅黒い肌、黒髪を持っていた。

金髪碧眼ではない。

それは侵略者。
>古代の唾液からDNA解析とは驚き。
「ロラのゲノムからは、乳糖不耐症であったことも明らかになった。これもまた、ヨーロッパ人が乳糖を消化する能力を発達させたのは、家畜化された動物の乳製品を摂取するようになってからという説を裏付けている」 |
見てる。:
『5700年前の北欧の女性、ガムに残るDNAを完全解読』
《紀元前3700年にバルト海の島に住んでいた・・・歯周病も患っていたかもしれない。カモ肉とハシバミの実を食べ、古代ヨーロッパの多くの狩猟採集民と同様に、青い瞳に浅黒い肌、黒髪を持っていた》| | ナショナルジ
>「『なぜこんなもののために無駄に金を出して所蔵スペースを確保する必要があるのか』と思った政府のお偉方は多いでしょう。けれど、まだこれを使って何ができるかわからないからこそ、保管し続けるんです」

ノーモア断捨離
人体以外の物質からヒトゲノムを完全解読、加えて口内細菌叢DNAまで特定。
「まだこれを使って何ができるかわからないからこそ、保管し続けるんです」
ガムに残る。
「乳糖不耐症であったことも明らかとなった」/
樹脂ってどんな味したんやろ(そこじゃない
新石器時代の「チューインガム」だった樹脂から抽出、現デンマークのロラン島 ナショジオ
「今や人間以外の物質から完全なヒトゲノムが得られるだけでなく、細菌叢や食生活までもがわかるようになった。」
以上

記事本文: 5700年前の北欧の女性、ガムに残るDNAを完全解読 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

いま話題の記事