TOP > 科学・学問 > ハキリアリは鉱物の「よろい」に覆われていた、昆虫で初 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ハキリアリは鉱物の「よろい」に覆われていた、昆虫で初 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ハキリアリは石灰質の「よろい」に覆われていることが、最新研究で判明した。昆虫では初めての発見。敵の攻撃に強く、ゾンビ菌にも感染しにくいという。

ツイッターのコメント(49)

鎧のアリが見つかった。
進撃のアリもそのうち。
"「アリが石に覆われていました。石に覆われたアリを見つけたのです!」 "
「仮面ライダー」に出てきそうな絵面に「テラフォーマーズ」で使えそうなネタ。
菌類の農場を営むことで有名なハキリアリの一種は「よろい」も持っていた。「この「よろい」はほかのアリとの戦いで脚を失わないように守り、さらに真菌感染を防いでいる」
強力すぎる /
まさにインセクトアーマー!(逆です)
「銀河鉄道999」に装甲生物ばかりの惑星のお話があったなぁ
炭酸カルシウム、つまり方解石とか大理石のコーティング。
>生体鉱物

なんか格好いいヽ(・∀・)
アリさんは噛まれると痛いんだよな。
外骨格強化版。生体鉱物biomineral。真菌の感染も防ぐ。ヒトにも必要かな。
ロックアンツ?
(方解石)カルサイトアンツ?
炭酸カルシウムの板状結晶...

--
すげぇ発見だコレ!? 硬質化と軽量化のヒントになりそう。これぞまさに生物多様性の恵み
スーパーアーマーアントマン。※少し違う
虫苦手だけど観察したい
ハキリアリの一種は、外骨格が天然のよろいで覆われている。
マグネシウムを大量に含んだ炭酸カルシウムでできていた。似た組成の生物構造は、ウニの強靭な歯でのみ見つかっている。
ほかのアリとの戦いで脚を失わないように守り、さらに真菌感染を防いでいる。
(引用)
敵の攻撃に強く、ゾンビ菌にも感染しにくい、最新研究|ナショナルジオグラフィック日本版サイト
マジか、生物と鉱物のコラボ❗
こいつはすごいな…生き物はこういう形で進化して病気や天敵から身を護って行くって考えると神秘だよな…
この能力がショッカーの改造人間に移植されたら、ライダーキックも通用せず、人類は敗北する……((( ;゚Д゚)))。
これか。
修羅念土闘衣!
>「カニ、ロブスター、絶滅した三葉虫など、多くの節足動物が炭酸カルシウムの外骨格を持っていますが、陸上のみで暮らす昆虫まで拡大しているというのは本当に興味深いことです」
生体鉱物って響きが中2っぽくてとても好き。パナマ出身だからハキリアリはとても好きな昆虫の一つだ
生体鉱物のコーティングを纏うハキリアリ!
鎧の成分が石と似てるだけで興奮するおっさんの気持ちはわかるぜ
流れてきたやつナショジオに詳しい記事があった。面白いなぁ
ハキリアリって本当になんなのよ、もう・・・
栽培までするし、
化け物かハキリアリ…?!
巨大化したら人類は絶対に負ける
アリの世界だけでもう面白すぎるんだよな…なん…すごいしか語彙がない…
堅さは強さ
この鎧は、貝殻の成分と同じ炭酸カルシウムでできているらしい
"敵の攻撃に強く、ゾンビ菌にも感染しにくい、最新研究"
「ハキリアリはヤバい」はテラフォーマーズで聞いてたけど、これも由来の一つだったか……
敵の攻撃に強く、ゾンビ菌にも感染しにくい、最新研究
よろいの進化過程が気になる
近縁種にもあったりするんだろうか
ハキリアリの名前は、その働きぶりに由来する。木の葉を切り落とし、遠くの巣まで運ぶのだが、体の何倍もある緑の旗が移動しているように見える。巣にたどり着くと、葉をかみ砕き、地下で栽培している菌類の餌にする…
このコーティングってやはり遺伝子のコーディングなんだろうか。
炭酸カルシウムのアーマードアント🐜…かっけぇな。
敵の攻撃に強く、ゾンビ菌にも感染しにくい、最新研究 ナショジオ
鉱物の鎧かなりかっこいいな...カーズも作れそう。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR