TOP > 科学・学問 > “最も誤解されている恐竜”ベロキラプトル、真相は? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

“最も誤解されている恐竜”ベロキラプトル、真相は? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

映画『ジュラシック・パーク』では群れで狩りをする凶暴で巨大な恐竜として描かれたが、実際はオオカミぐらいの大きさの羽毛恐竜で、単独で狩りをしていたという。

ツイッターのコメント(23)

「しかし最も注目すべき特徴は、羽毛が生えていたことだ。」えなに、鳥が退化して恐竜になったんじゃなく恐竜が進化して鳥になったの
!? 翼より羽毛が先だとしたらかなり衝撃なんだけど
映画では別の恐竜がモデルに、“誤解だらけの恐竜”ベロキラプトル、真相は? (ナショナル ジオグラフィック日本版)
群れなかった?まじか
〈ナショナルジオグラフィック日本版〉“最も誤解されている恐竜”ベロキラプトル、真相は?|映画『ジュラシック・パーク』で有名に、だが群れではなく単独で狩りか|2020.11.29| 《情報紹介:計量計測データバンク》
ジュラシック・パークのヴェロキラプトルはデイノニクスというのは一部では有名な話やね。/
ちょっと前に古生物小説の宣伝も兼ねて長々と語ったのと同じような話が昨日のナショジオに載ってた。
ナショジオさんに、ベロキラプトルのまとめ記事があがってます: 。
>ちまたで言われているほど知能が高かったわけではなさそうだ
それでもワイよりかしこそーではある
なんと!これは衝撃な発表…
ベロキラプトルのスープカレーとか美味しいかな。
北海道の美味しい野菜ゴロゴロ入ってるやつで、ラプトルの脚がホロホロになって一本どーん!と入ってるの。

北海道行きたいなー。
コロナ落ち着いたらいくからね。
嘘やろ!?
丸矢が知ってる頃よりサイズアップしてるし単独行動してたのは初めて知った
| ナショナルジオグラフィック
(°▽°)!!!
せやったんか!♬
ジュラシックパーク&ワールドで登場するラプトルの元となるモデルはデイノニクスだったんだけどスピルバーグ監督が"ヴェロキラプトル"の名前を気に入ってそのまま使った事で多くの人が勘違いしちゃったんだよなぁ…(笑)
"映画『ジュラシック・パーク』で有名に、だが群れではなく単独で狩りか"
映画『ジュラシック・パーク』で有名に、だが群れではなく単独で狩りか
鉤爪は角質付けた復元だと切り裂けるという説がある
大人と子供の食性の違いも早成性鳥類のように群れの中の子供が自力で餌をとる場合や、子供用に別で餌を与えていた場合は群れで生活していても説明がつく
映画『ジュラシック・パーク』に登場して以来、ベロキラプトルは誤解され続けている。同作品では、うろこに覆われ、群れで狩りを行い、鋭いかぎ爪で獲物を切り裂く巨大な恐竜として描かれていたが、この描写はいくつかの…
本当のベロキラプトルは映画とは大分違うと聞いてはいたが、こんなに違うの⁉️
以前リツイートした記事の日本語版〜✨
「ベロキラプトルには羽毛が生えていた。」
「『ジュラシック・パーク』で描かれたベロキラプトルのモデルは、仲間であるデイノニクスだった。」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR