TOP > 科学・学問 > ハロウィンの象徴、ジャック・オ・ランタンの歴史 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ハロウィンの象徴、ジャック・オ・ランタンの歴史 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ハロウィンの象徴とも言える、カボチャでできたジャック・オ・ランタン。その起源と歴史を紹介する。

ツイッターのコメント(29)

冒頭のこの子、すっかり有名になって…
起源はケルト文化で、切断した敵の首の象徴だった可能性。17世紀の英国では、名前のわからない男性を「ジャック」と呼ぶのが一般的だった。100年前のはのっぺりしていて怖い。
初期ランタン全くかわいくない
日本の食用カボチャで作ると
日が経つにつれ重みでかな?
上下がどんどん潰れてくるんだよねw
ハロウィンはお盆に似ている。
ハロウィーンはお盆、ジャックは権兵衛だったのか…。
100年前のハロウィン写真も。
こっちがオリジナル記事。ついつい購入ナショジオ「オカルト伝説」w:
「とても不気味ですが、切断した敵の首の象徴だった可能性があります」
面白いね
まあジャコランタンの伝説は私も知ってはいたし、カボチャじゃなくカブが使われていたとか、ケルトの祝祭由来とかそこら辺は知ってたけど

悪魔が憐れんでってのが何とも味がある
彼らは意外と情け深いよね

彷徨える魂に救いがもたらされんことを祈ろう_(:3」∠)_
こわいよママン・レーヌ!
米国文化にカボチャが浸透したきっかけは、作家のワシントン・アービングが1820年に発表した短編小説「スリーピー・ホロウの伝説」だ。

この写真の顔、ちょっとこわい😰
なぜジャックなのか? いつからカボチャになったのか? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
写真のゴースト・ターニプのインパクトよ🎃💕カブでできているそうな
>切断した敵の首の象徴だった可能性

んー首狩り(ビビアン・スーの出自のタイヤル族が有名)・首級や日本の首実検は割とモンゴロイド的な風習だったかと思ったらケルト人もねえ
地獄からも受け入れを拒否
ジャックオーランタンはかつてかぼちゃじゃなくてカブだったって有咲が言ってた!
そうか。
ジャコランタンは、古代ケルト文化では、人の首だったのね。
北欧のケルト文化に興味のある人は、映画 "Midsommer" (ミススペルじゃないよ)を観るといいよ。
ナショナルジオグラフィクより。

こわいけど興味深し。
名前が分からない男性をジャックと呼んでいた時代があったんですね。
あのかぼちゃかのランタンはウィルオ・ウィスプを象ったものと聞いたがなぁ。
カボチャの歴史って意外と新しかったんか
写真が怖い。
の象徴、ジャック・オ・ランタンの歴史
いちいち写真がコワイ

「電灯が登場すると、多くの民話が力を失い、人々のたくましい想像力もまた失われました」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR