TOP > 科学・学問 > 33億円で落札のティラノ全身化石、今後の研究に懸念も | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

33億円で落札のティラノ全身化石、今後の研究に懸念も | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

古生物学者にとって計り知れない価値を持つ化石標本が、匿名所有者のものとなった今、研究が続けられなくなるのではと懸念されている。

ツイッターのコメント(23)

落札者が誰なのかは今のところ(20年10月13日現在)明かされておらず、専門家はスタンが永久に科学の世界から失われてしまうのではないかと懸念している。
化石は国が法律で保護しないと、「売った方が得」ってなるでしょうね。
ティラノサウルスのスタンが競売に掛けられたらしいです。こういう有名な化石を個人が落札して良いのだろうか?。研究に重要な存在だと思うのですが…悲しいなぁ〜…。#恐竜
#ティラノサウルス
30年以上前、米サウスダコタ州でスタン・サクリソンという名のアマチュア古生物学者が、巨大なティラノサウルス・レックスの化石を発見した。全長約12メートルで、全身の骨格がほぼそろっていた。発見者の名をとって「…
“ - 東京・国立科学博物館にもレプリカがある「スタン」の全身骨格を匿名者が落札” :
現代美術の作品も「サイズが大きいほど売れる」と言ってましたし
金持ちは何のために金を集めるのか分からん事態だな
こんな落札者は「金になるモノ」としてしか認知してないだろうから 希望は捨てろ
あのティラノサウルス、結局33億円になったのか…🤔
これぐっさんパイセンがカジノでやらかしたやつやな。ロードエルメロイを連れてくるんだ。
めっちゃ希少なティラノサウルス全身化石が33億円で落札されちゃったそうで…研究者さん達涙目案件…
私に買わせてくれたら研究に協力するのに。33億持ってないけど🙄
バイキン先生はお金大好きだけど、貴重な標本が公共の場から消え去るのは望ましくないと思います。
面白かった
科学研究揺らぐ。
化石の商品化・・・難しい問題を孕んでいるなあ
なるほど、そういう事情で売られたのか。しかし、大きな家の人なんでしょうね、購入者は。って、33億も出せるんやからあたりまえですけど。
ティラノサウルスが33億円もするんだ。凄いなあ。
ただでさえヤバいのに盗掘が加速して出た時の環境とか貴重な情報が失われていきそう🤔

33億円で落札のティラノ全身化石、今後の研究に懸念も(ナショナル ジオグラフィック日本版)
不味いね。
貴重な恐竜等古生物の化石が富裕なマニアの玩弄物に堕してしまう。
研究機関に一定期間貸し出さなければならない等の法律を作れないかな?
そのような法ができても、闇取引されれば終わりだからなぁ。
化石を競売にかけることの意味
<落札者が誰なのかは今のところ(20年10月13日現在)明かされておらず、専門家はスタンが永久に科学の世界から失われてしまうのではないかと懸念している>  | ナショジオ日本版
東京・国立科学博物館にもレプリカがある「スタン」の全身骨格を匿名者が落札 ナショジオ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR