TOP > 科学・学問 > 除草剤で赤ちゃんワラビーのペニス小さく、母親が摂取、研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

除草剤で赤ちゃんワラビーのペニス小さく、母親が摂取、研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

日本でも使われている除草剤アトラジンが、さまざまな動物の性的発達を阻害する可能性が近年指摘されている。...

ツイッターのコメント(20)

安全性が認められている筈なのに………
今、安全性が確認されている物も本当に大丈夫???
グリホサートやらネオニコやらアトラジンやら…日本政府はいきもの(人類含む)に恨みでもあんのか
住宅街で除草剤はやめろ。と言いたい。ほんとに。
除草剤でお母さんがおかしくなって食べちゃったと思ったのだ!
母親が摂取した除草剤で赤ちゃんワラビーのペニス小さく…😢
外来種根絶にうまく使えないかな。
除草剤が生態系に与える影響について記事を紹介します。農薬などによる環境汚染は、農学部だけでなく、薬学部でもしっかり学んで欲しい重要なテーマです。
日本でも使われるアトラジン、有袋類への影響を初めて検証
この除草剤アストラジンを作っているスイスのシンジェンタ社はアストラジンが安全だと主張している。
これだから外資は。
これと似たようなことは、おそらくワクチンでも起こるだろうね。
ワクチンで副作用が出たという決定的は証拠はないと言われて知らんふりされる。
このアトラジンという農薬は、日本でもとうもろこしなどに使っているのですね→
National Geographic 発、除草剤で赤ちゃんワラビーのペニス小さく、母親が摂取

日本でも使われている除草剤・アトラジンは水道水や地下水に残留し、親が飲むと子孫に内分泌撹乱作用の他、胎児の低体重や、心臓、泌尿器、四肢の障害との関連が報告されています。
アトラジンってスイートコーンで使う除草剤の成分だ
両生類のホルモン撹乱は言われていたようだけど

他の除草剤に置き換える方法考えよう
環境ホルモンか
過去に船の塗料でイボニシが激減した例に似ている
メスのダマヤブワラビーに、450ppm(ppmは100万分の1)のアトラジンを含む水を、妊娠中から授乳中にかけて飲ませたところ、オスの赤ちゃんのペニスが通常より短く、小さくなった。
ぼくのが小さいのも除草剤のせいだ(棒
除草剤で赤ちゃんワラビーのペニス小さく、母親が摂取 除草剤のアトラジンは、日本を含め世界で広く使用されているが、動物の性的発達を阻害する可能性が様々な研究で指摘されている。最も使用量が多い米国とオーストラリアでは、小川や湖、飲料水から微量に検出されるケー…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR