TOP > 科学・学問 > 私たちはなぜ「世の中は悪くなっている」と思いがちなのか | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

私たちはなぜ「世の中は悪くなっている」と思いがちなのか | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

メディアから情報を取り入れすぎると、現在に対する認識がゆがめられてしまう。その理由と対処法を専門家に聞いた。...

ツイッターのコメント(44)

@JSCP_press 「もしかしたらソーシャルメディアの見過ぎかも その理由と対処法」NATIONAL GEOGRAPHIC 日本版サイト
実体験でもあるから不思議だなと思った。
こういう風に考えないようにするには自分で受け取る情報の取捨選択をしっかりしなくてはいけないな。
次の数を試算してほしい
・2020年の全死者数
・コロナ以前の1年間当たりのすべての死者

多分コロナで亡くなった人は増えてるけど、外出が減った分自動車事故とかは減ってそう
面白い記事でした。
あの手この手で、個の責任認識にしたいようだが、、、
確かに。

過去を美化しがちな一国の首相もいますが。

?
昭和が良かったと思うのも、ノスタルジア・バイアスの一種なんだろうか
過去について考える時は、良かった経験を思い出すことが多い。これは時に「バラ色の回顧」または「ノスタルジア・バイアス」と呼ばれる。
だいすきな屋久島のガイド、なおさんが、シェアしていた、メディアの情報と心の関係について。明日ゆっくり読むφ(..)
後世の歴史家には、コロナ騒動は人類史上最悪のインフォデミックだったって言われるだろうな
(引用)
パートナーからソーシャルメディアに接する時間を控えてはと提案されるまで、ニュースの見過ぎが精神的健康を害しているということに気付かなかった。
悪いニュースは見ないに限る!とくに感染症関連の見過ぎは身を滅ぼす。コロナ関連ワイドショーは見ないに限る。
言われた事を鵜呑みにするのではなく自分が納得するまで調べてみよう!
ある時マンガ関連に集中するようTLを整理したら、それ以来マンガ愛とオススメ作品が無限に流れるようになり何この桃源郷…となってます。TLの整理はめちゃくちゃ重要。
恐怖や危険についての話は不安をあおり、不安は脳を厳戒態勢にする。こうした特性はかつて私たちの祖先を捕食者や災害から守ったが、今日ではソーシャルメディアやウェブニュースを絶え間なくチェックし続け、危機に乗り遅れないようにするという行為につながっている。
ツイッター数日休むだけでもHP回復するよねw
「世の中は悪くなっている」なんてちっとも思ったことは無いが。30年前頃の日本もカナダも当時よりずっとずっと改良されたと痛感している。
いろいろあるんだろうけどTwitterに関してはタイムライン健全に維持するのも大事な気がしてます。(アンフォローしたりミュートしたりブロックしたり)
金ぴか時代って、黄金時代より負の側面を思い起こさせておもしろいなぁ
これはあるあるですね。
人間は自分で思うより影響を受けやすい。
世の中の善良な面も見ながら、バランスをとらないとね。
メディアに翻弄されるのは自然なことだから、メディアのネガティヴに引き摺られないことが大切…
危険なドラマ仕立てにすると、アドレナリンが出て脳を刺激して、生命の危機と勘違いしその刺激がaddictionとなるんでしょうね。
そんな映画もドラマも世の中に溢れていますから。
自ら無意識に作り出してしまう。
面白かった
歴史をきちんと学ぶと、「人類は愚行を繰り返している」ということと「それでも人類は螺旋階段のごとく一回りする度に一段上にあがっている」ということを知れると思う。
ニュースを見すぎるな。
TLにかじりつくな。
流れてる情報に精神を支配され過ぎるな。
何百、何千というペットがシェルターから引き取られ、国中の人がイヌを飼っているような状態だ←マジ?これ報道しようよ!人類同盟の助け合いだよ!泣かせるじゃんか、、
テレビを全く観ないのが日常化したので、あとはTwitterだなTwitter汗
「私たちは自伝的記憶を美化しがちだからだ。過去について考える時は、良かった経験を思い出すことが多い」。

リベラル・革新系のみなさん、総理が入れ替わったくらいで理想の世界が実現するはずはありません。自分の寿命を超えた長くて苦しい闘いです。
大事なことは「心身健やかであること」。持ち前の明るさ・優しさ・おおらかさを失わずにいこうじゃないの。
【2020年9月 ナショナル・ジオグラフィック】


とめどなく情報を取り入れることで私たちの認知はゆがみ、不健全な思い込みを抱きやすくなる
現在をネガティブに捉え、過去のほうが良かったと解釈
なんかわかる。ソーシャルメディアは多様性を生むはずなのに、情報に煽られて、みんなやってることが同じになるのと原理が似てる。

📰
この記事の内容は、数年前に世界的なベストセラーになって今でも売れ続けているFACTFULNESS(ファクトフルネス)という書籍の内容と重なる部分がありますね。
「ジェニー・イーストウッドさんは、世の悲惨なニュースに取りつかれていた。新型コロナのパンデミック、警察による暴力、抗議活動、陰謀論、政治……。あらゆる出来事を詳しくチェックせずにはいられない」
良い内容なんだけど、該当するタイプの人たちはこういう長文を面倒くさがって読まないからなぁw
「今年は今までで最悪だ、と思うことがあるとすれば、それは私たちの脳が現在をより厳しく判断する傾向を持つためだ。とめどなく情報を取り入れることで私たちの認知はゆがみ、不健全な思い込みを抱きやすくなる」
生きづらい毎日に
とってもためになるね…(・ω・)
| ナショナルジオグラフィック
「ガーブナーが唱えた「培養(カルティベーション)理論」」「テレビを見れば見るほど、テレビは演出されたものではなく現実を反映するものだと考えるようになるという説」
やっぱりまたログアウトしとこうかな。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR