TOP > 科学・学問 > 米国は第3の原爆投下を計画していた | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

米国は第3の原爆投下を計画していた | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

終戦直前、米国は広島、長崎に続く原子爆弾の投下準備を着々と進めていた。第3の原爆は、東京に投下されていたかもしれない。...

ツイッターのコメント(251)

第3の核が、あのデーモン・コアだとはなぁ
本土決戦に備えて12個の原爆を用意する必要があった…ってそんな落としたら、米国軍人も危なかったよ
けっこう眉唾かな
この手の話を見る度に「京都に攻撃してはならない」ってやり取りになってるのすごい
日本の本当の敵。
恐ろしきキリスト教の国民
日本の指導部は自ら血を流さず愚かだが、今も全く変わってないから。米国の愚かさも同じだが。
ここまで詳細には知らなかった。
>8月12日か13日にも最後の部品がロスアラモスを出発し、その1週間後には日本に投下できる見込みだった。

第3の原爆が実はそんなに早く用意されてたんだ。ファットマン、リトルボーイの2発で当面、終わりだと思ってた。
東京に、降っていたかもしれない第三の原爆。もしそうなっていたら、いまだに生き残る独りよがりをの国粋気取り身勝手で無責任な数見稼ぎを根絶やしにできたんだろうか?そんな想像だって恐ろしい
この記事が細部に渡るまで正確であるとするならば、米国は入市被爆の恐れを把握していなかったことになる。日本占領に米軍の東京駐留は不可欠なのに東京を投下予定地に選ぶなんてね。
「同年5月の会合でリストが修正され、有力候補順に京都市、広島市、横浜市、小倉市、新潟市に絞られた。」
1945年の夏、米国は広島、長崎に続く準備を着々と進めていた
自国を憂う国民の比率は日本はかなり低いのではないかと思ってます。政治家任せにしてはいけないことは明らかなのにそこに目をむかせないように飼い慣らされてしまいました。仕事、家族、趣味…。自分たちだけの幸せを追い求めたらキリがないからね!(笑)ダサいなぁ!(笑)
終戦記念日逃したけど、この記事凄い。2回の原爆の裏で起こっていた米軍側の動きがめちゃくちゃ分かりやすくまとめられてる。
>本土決戦となれば、約12個の原爆が必要となる。いずれにしても、~第3の原爆は「運搬の準備が整い、命令を待っている」状態<
原爆を東京に落とす計画があって降伏が遅れてたらその可能性は高かったという。
これ落とされてたら生まれてなかったな。
日本が8月15日に無条件降伏していなければ、かなり高い確率で東京に原爆が投下されていた。
・ヘンリー・スティムソン陸軍長官が、戦略的理由と感情的理由から、日本の古都は守るべきと判断した
<最初の「特殊爆弾」を広島、小倉、新潟、長崎のいずれかへ投下せよ>
<原爆を1個投下せよという命令ではなかった。準備さえ整えば、何個でも投下することを許可するという内容だった>
原爆という残虐行為が戦争を終わらせたと主張したいのかな?原爆実験したかったから終戦を長引かせたと云う噂もチラホラ。。。|
・あまり知られてないが第1の原爆投下は京都が最有力候補地だった。
・日本の降伏があと少し遅れたら東京に第3の原爆が投下されていた。
山口に原爆?あの呉や佐世保を超越してあのリストの中でダントツ1位の田舎に?
戦略的価値皆無な気がする……
“戦争があと数日続いていたら、第3、そして第4、第5の原爆投下の可能性は著しく高まっていた。”

“本土決戦となれば、約12個の原爆が必要となる。”
8月15日に日本が無条件降伏受諾を発表していなければ、東京に3発めの原爆が投下されていたはずだ、という話。

| ナショジオ
私の場合、たまたま小学校の担任が歴史に熱心だったので3発目の存在や中性子爆弾の効果も教えて貰えましたが、今はだいたい埋もれている事でしょうね。

★米国は第3の原爆投下を計画していた(ナショナルジオグラフィック)
興味深いお話。
東京に原爆が落ちていたかもしれないという
原爆が使用されていなかったらどんな世界線があったのかな
@non_dayo_ne 日本には3度の原爆投下が予定されていたそうです。予知能力があった事で有名なヒトラーも3つの原爆が日本に落とされることを予言していましたが現実には2つの原爆投下が行われました。
つまり未来というのは変化をさせる事が出来るのだと思います。
>米国の計画では、2発の原爆で戦争が終わるとは考えられていなかった。核兵器に加え、日本の本土決戦が必要になるだろうと予測されていた。戦争があと数日続いていたら、第3、そして第4、第5の原爆投下の可能性は著しく高まっていた。
@InsideCHIKIRIN
ナショナルジオグラフィック誌によると米軍は日本が早期に降伏するとは予想しておらず1945年8月12日に3発目の原爆を輸送して1週間後に東京に投下する予定でした
本土決戦の場合は約12発の原爆を投下する考えだったそうです
日本の降伏が遅れたら全滅でした
2020.08.09
…戦史研究上、重要な記事だと思う。
よく言われる話し
風化させない様に定期で話題にして頂きたい

2種類のプルトニウム爆弾
馬鹿げた核実験の脅威
本当なら凄い話。本土決戦になっていたら12個もの原爆が投下され日本は無くなっていただろう。
これは読み応えあるな…
アメリカは言うなれば金融ユダヤ人が興した国のようなもの。代々彼らの傀儡が大統領をやりドルを押し付けのさばり続けている。

↓のような悪魔のような所業も彼らの宗教理念上全く厭わない。
だが、幸いなことにそれが遂行されることはなかった。トルーマンが英国大使と話をして間もなく、日本時間で1945年8月15日、日本は無条件降伏を受諾すると発表した。
この記事に出ている京都を原爆投下目標から外したスティムソン陸軍長官米国は日系人の強制収容を進めた人物の一人でもある。白黒では歴史は判断できない。 第3の原爆投下を計画していた |
戦争は悲惨だ。「9条お花畑」と揶揄されようが し続ける!

「『1945年8月3日以降』第20航空軍は最初の『特殊爆弾』を広島、小倉、新潟、長崎のいずれかへ投下せよ((中略)これが優先順位であると明記されていた)」

「米国は第3の原爆投下を計画していた」
民間人虐殺は、国際法に明らかに違反です。
それが一切問われないのはおかしな話だと思う。
本当に東京に落とされてたら、マジで日本は壊滅、事実上の日本崩壊が起きていたかもしれないな…………
ていうか、長崎の原爆って無許可だったの?
これ凄いな。去年トルーマン博物館行った時に聞いてみれば良かった。
米国は日本が無条件降伏するまでは最低でも12個の原爆投下を計画していた?第3の原爆投下場所は東京!
日本の無条件降伏が早くなかったら日本全土は原爆で徹底的に破壊された可能性さえあった。
3発目は東京に投下されるはずだった。
松本零士の「パニックワールド」の設定と同じで驚いた。あのマンガ、意外にいい線を行っていたことになる。いま読み直せるのかな?
「8月10日、スパーツ太平洋戦略航空軍司令官は陸軍航空軍の目標計画責任者ローリス・ノースタッドへ電報を打ち、次なる目標は東京にすべしと強く勧告した。」
もっと見る (残り約201件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR