TOP > 科学・学問 > 新型コロナ感染症 1枚の写真がインドネシアや世界に与えた衝撃 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

新型コロナ感染症 1枚の写真がインドネシアや世界に与えた衝撃 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

プラスチックシートに包まれたCOVID-19で亡くなった犠牲者の写真―隠しておきたい事実をインドネシア国民に突きつけた。...

ツイッターのコメント(24)

#一枚の写真・コロナとは
ジャ-ナリストが伝える写真のお話

ただ一枚・されど一枚・なぜ一枚なのか?
医療従事者ってなんだろうね。
感染症で死んだ人の扱いについて。
有料記事ですが、写真だけは見られます。
反マスク派……が出てきたけど、少なくとも現在は未知につき世界中が慎重ななか、死にゆく人をどう扱わざるをえないかを示すインドネシアの写真↓ 日本は袋詰めだからまし? 死んだ後などどうでもいい? いちど死者の尊厳について考えてみてほしい。
コロナで亡くなられたらこうなるんですよ。家族がこんな悲しい姿になった方が実際におられるんですよ。それでも気軽に旅行とか帰省とかしますか?
 1枚の写真がインドネシアや世界に与えた衝撃(ナショナル ジオグラフィック日本版)
東海村JCO臨界事故の大内さんを思い出しました→
覚悟を固めて見てください。

"私はこの写真を見て、だれかが放り出されて透明なシートで包まれ、消毒液をかけられ、ミイラのようにされ、人間性を奪われ、何か別のものにでもされてしまったと感じました"

 1枚の写真が与えた衝撃
»
シートで包まれたCOVID-19の犠牲者を撮った若い写真家が示したこと

| ナショナルジオグラフィック日本版サイト
←驚くほど何も無い部屋、驚くほど雄弁
2020年のミイラ•••そして、火葬されたのかな。

 1枚の写真|
人は顔や名のように固有なものが見えなければ大数の法則的な無味乾燥なものに縛られがちなのだが、まさに昨今のニュースではそれらが見えない。にもかかわらず皆、感情ドリブン状態。おそらくだが人は「私」の物語作りを強制されているのだろう。固有なものは私だけのセカイ…
衝撃的。やっぱり罹らないが一番だよ。
写真の力…
一瞬理解できなかったが、わかればわかるほど恐怖が増してくる。
朝から衝撃的な写真ですが『新型コロナウイルスで亡くなる、という事』の重要性が分かるのでご紹介。

隔離されて誰にも会えずひっそりと消え行くのは、人生の最後として寂しい。
強い写真…

 1枚の写真がインドネシアや世界に与えた衝撃(ナショナル ジオグラフィック日本版)
大袈裟とか、コロナ脳とか、コロナは風邪とが言う人、これを見てもそう言えるのかな…
この写真は、本当に衝撃的

異国の地でコロナに感染し、もし死んだら自分はこうなり、埋められるのか

いまインドネシアに来ることは、最悪のケース、こうなることを覚悟する必要があると、改めて感じました
「米ハーバード大学教授のサラ・エリザベス・ルイス氏が[…]語った次の言葉を、氏は引用した。『統計からは見えてこないところまで追求し、COVID-19が人々にどのように影響を与えているかを示しましょう』」
写真だけ見たとき、またミイラパッケージ性癖の話かと思ったよね。
世界のグローバル化が止まり、元に戻る事を祈ります。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR