TOP > 科学・学問 > 地球最大の東南極氷床、温暖化で解ける恐れ、従来説覆す | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

地球最大の東南極氷床、温暖化で解ける恐れ、従来説覆す | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

比較的安定だと思われた地球最大の氷床である東南極氷床は、前回崩壊したとき海面を3m以上も上昇させたことが報告された。同じことが再び起こる可能性がある。...

ツイッターのコメント(13)

【深刻】地球温暖化は予想よりも深刻な可能性



地球最大の氷床である東南極氷床は
最後に溶けて縮小化したのは約300万年前だと
考えらえていたが、
この地域の鉱物を分析したところ
二酸化炭素があまり濃くなかった時期にも
溶けて縮小化していると推定された。
海面が13m上昇ってどういう理屈?
世界の海の面積360000000k㎡x13m???
南極の東ってどこなんだろ?
住む場所が沈むのは遠くない💦

今回の発見が正しければ東南極氷床は予想より早く海面上昇をもたらすことになるかもしれない。東南極氷床を含め今後数百年で解ける可能性がある氷が全て融解した場合には、海面は13メートル上昇すると予想されている。とのこと😅
北極・南極の氷が解けることはない,という説が一昔前にありましたが,やはり解けてしまうようです。
50年近く指摘され続けて,なお有効打が無い状況にどうしたら良いのか…
40万年前の間氷期の崩壊が判明、解ければ3m分の海面上昇
コロナは人間社会の災害だが、温暖化は地球規模の災害。
回覧。
地球最大の東南極氷床、温暖化で解ける恐れ、従来説覆す(ナショナル ジオグラフィック日本版)
以上
 

いま話題のニュース

PR