TOP > 科学・学問 > 英オックスフォード大のコロナワクチン候補、最終治験を開始 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

英オックスフォード大のコロナワクチン候補、最終治験を開始 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

英国のオックスフォード大学が製薬会社アストラゼネカと共同で開発した「ChAdOx1」の臨床試験が、ブラジルで5000人の被験者を対象に始まった。WHOの主任科学者が5月に最も研究が進んでいるコロナワクチン候補と発言していた。...

ツイッターのコメント(14)

早く有効な薬が使えるようなるといい。そして指定感染症から外れて欲しい。
ファイザーとの競争だが、どちらが勝つのか効能があるのか、それが問題だよね。
世界中で治験が行われている。
安全性・有効性の確認が取れないものは消えていく。
そして、成功した物だけが市場に出てくる。
なんかクソ怪しい気配。
SARSの研究を引き継で早いようですが、様子をよくみて安全性の確認をしっかりした方がいい気がする。カンだけど、日本の株には効果がないだけでなく副作用が大きい気がする→
まじで頼みます…これが実用化されるといいなあ—
治験結果を総計して11月には部分的な結果→英国で申請→もし有効性が証明されれば今年中に承認
すでに進んでいたMERSでの研究を応用した有望株、ブラジルで第3相試験
コロナワクチン研究はずっとイギリスが先導してるね。
まかせっきりも問題だが、見通しは良くなってきているのでは。



感染源はコウモリからで、センザンコウが媒介したことで広まったみたいですね。  中国の某研究所の関与は不明ですが;
どこでもいいから早く出来上がってほしいなぁ
よろしくお願いいたしマスm(__)m > | ナショナルジオグラフィック日本版
「全ての場所で行われた治験結果を総計して、11月には部分的な結果が出されます」と、クレメンス氏は言う。「それを英国で申請し、もし有効性が証明されれば、今年中に承認されるでしょう」。

成功しますように。
●オックスフォード大のアデノウイルスベクターワクチンも第三相試験開始
→3つのワクチンがすごい僅差の競争を繰り広げています。
こちらのほうが5000人の小規模。
ブラジルの流行度を考えると、こちらが先に結果を出してくる可能性もあるかもしれません。
一般人への接種が来年に始まったら良い方なのかな
以上
 

いま話題のニュース

PR