TOP > 科学・学問 > 過去最大級のサメ調査、サンゴ礁の2割でサメ不在 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

過去最大級のサメ調査、サンゴ礁の2割でサメ不在 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

世界58カ国、371カ所のサンゴ礁でサメの大規模調査が実施したところ、その2割の海でサメが確認されなかった。...

ツイッターのコメント(13)

生態系が歪になっている,とのことで,SDGsとしての漁業の在り方を考えさせられます。
サメ漁を綿密に規制したり、混獲されるサメを減らすことで回復させられるとのこと。
"サメは世界に500種ほどが生息しているが、その3分の2が乱獲の脅威にさらされている"

"海の食物連鎖の最上位にいるサメは、獲物である魚を食べることで、その数を健全に保つという重要な役割を果たしている"
これは危ないね。鮫の保全について課題になるな
スピルバーグにサメ保護のための資金を提供してもらわねばいかんね。ジョーズによってサメの凶悪なイメージを植え付けた罪は結構重いと思う →
鮫も絶滅危惧種になってしまうかも?
種類によっては既に?
世界58カ国、371カ所のサンゴ礁調査で見えた「生態系のアンバランス」 ナショジオ
世界58カ国、371カ所のサンゴ礁調査で見えた「生態系のアンバランス」
太平洋からカリブ海にいたる世界58カ国、371のサンゴ礁でサメの大規模調査を実施したところ、そのおよそ20%のサンゴ礁でサメが確認されなかった / 既にこんなにもイルカに押されていたとは… サメ🦈超がんばれ‼️
やはり乱獲とかは繁殖力の低いサメにとっては大きいな…。保護区や禁漁区を設けたりする際は、サメの仲間を含む複数種でシミュレーションしたりするのもアリだと思う。
”海の食物連鎖の最上位にいるサメは、獲物である魚を食べることで、その数を健全に保つという重要な役割を果たしている。”

一般人には怖がられ、漁業者には嫌われがちなサメですが、彼らがいなくなったら海の生態系がどうなるのか、考えたくもないです。
「「多くの国がサメの肉を頻繁に消費していますが、それらの国に対して『間違っている』と伝えるのは決して良いことではありません」(…)健全な海にとってサメの存在がどれほど重要か。それを世界中の人々に理解してもらう」/
以上
 

いま話題のニュース

PR