TOP > 科学・学問 > ツンドラで山火事が多発、科学者らに衝撃、熱波のシベリアで | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ツンドラで山火事が多発、科学者らに衝撃、熱波のシベリアで | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

気候変動による容赦ない熱波が、本来は凍っていて燃えないはずの大地に火災を引き起こしている。科学者は今後、これが常態化することを危惧している。...

ツイッターのコメント(31)

これ、もっと報道されていい内容。ロシア北極圏のシベリアで1ヶ月以上続く山林火災。気候変動に大きく影響しそう。(ナショナル ジオグラフィック日本版)で山火事が多発、科学者らに衝撃、熱波のシベリアで |
「火災はかなり北の方で起こっています。被害は広範囲に及んでいます。回復には長い時間がかかるでしょう。もしかすると、まったく回復しないかもしれません」
まじかー。
| ナショジオ日本版
「ツンドラで火災が常態化すれば、生態系全体が劇的に作り変えられる」「凍った有機物として何百年も蓄積されてきた炭素を放出させ、地球温暖化を加速させる可能性がある」
本当に、何が起きているんだ?
気候変動がここまで過激化する事を科学者はほぼ誰も予想していなかったが、2011年出版の『マヤのリズム』で紹介したロシアの地球科学者アレクセイ・ドミートリエフは、かなり正確に予測していた。D/
>生態学者や気候科学者は懸念を募らせている。彼らが恐れているのは、この火災が北極圏における急激な変化のさらなる兆候かもしれないこと、そして、局地的にも世界的にも連鎖的な影響を及ぼすことだ。
「北緯73度でも複数発生、観測史上最北か」危機が進行中。
撹乱が常態化。
「もし、ツンドラで火災が常態化すれば、生態系全体が劇的に作り変えられる。そこでは新たな種が優位となって、さらに火災が発生しやすい状況ができあがるかもしれない。」
「多くの火災が、それよりもさらに北のツンドラや、炭素が豊富な泥炭地にも燃え広がっている」/
これの意味がわかりませんか?
10年前の予測では2200年頃に現在の状態になるとされていたそう。北極圏が燃えているのは泥炭層が乾燥し、燃え続けていると。しかも冬の間も地下で燃え続け、春以降にまた地表を焼くゾンビ火災が起こってる。
そんな記事も見た。
ツンドラで山火事が多発、科学者らに衝撃、熱波のシベリア
ロシアって山火事とかあるんか(無知)
なんてこった…
人為的な気候変動と言いながら中国の炭酸ガス大量排出に全く触れられていないには如何なものか。
「ついに村ごと移転開始、永久凍土融解で、アラスカ」二酸化炭素も放出されるらしい。環境への影響はまだわからないが、今までにない起きていることは確かと、科学者の言。
マジか⁉️
>生態学者や気候科学者は懸念を募らせている。彼らが恐れているのは、この火災が北極圏における急激な変化のさらなる兆候かもしれないこと、そして、局地的にも世界的にも連鎖的な影響を及ぼすことだ。

#気候危機 #ツンドラ火災
アマゾンの火事ってどうなったんだろう
この気象変動は大変な事態に
なるかも?
「6月下旬、欧州宇宙機関(ESA)の衛星センチネル2号が、北緯73度付近で複数の火災が発生しているのを観測した。(中略)2003年以降の観測史上、最も北で起こった火災」
人為的な気候変動に加えて晴天が続いたことにより、ここ数カ月の間、シベリアが猛暑に襲われている。この熱波は、6月に北極圏の気温を38℃まで上昇させたのみならず、大規模な山火事にも拍車をかけており、永久凍土層のあるツンドラまでが現在、炎に包まれている。
"北極圏の研究者らが最も懸念しているのは、こうした火災の一部が、ツンドラの地下に何世紀にもわたって蓄積されてきた、炭素を豊富に含む有機物層まで燃やしているのではないかということだ。"

ツンドラで山火事が多発、科学者らに衝撃、熱波のシベリアで|ナショジオ
「この火災は、今のところはまだ気候変動に大きく寄与しているわけではありません」と、英ロンドン大学スクール・オブ・エコノミクスの環境地理学者トーマス・スミス氏は言う。「ただし、これまでとは違う何かが起こっている兆候であることは確かです」
>6月に北極圏の気温を38℃まで上昇
極北の地でこの温度ってヤバくね?
北緯73度でも複数発生、観測史上最北か
以上
 

いま話題のニュース

PR