TOP > 科学・学問 > 木々の隙間は「社会的距離戦略」かもしれない | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

木々の隙間は「社会的距離戦略」かもしれない | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

森で空を見上げると、不思議な隙間があることに気づくかもしれない。クラウン・シャイネスと呼ばれるこの現象は、木が健康を守るための知恵という説もある。...

ツイッターのコメント(14)

風で隣の樹冠とぶつかるから、だけかと思っていた。たしかに無駄な投資を防ぐ仕組みがあってもよさそう。
木も、ものすごく頭がいい。脱帽。
#クラウン・シャイネス
「この隙間のおかげで、害虫や寄生植物、感染症などを抑制できる可能性もある。」
林冠の謎。
「利点はいろいろ考えられるものの、クラウン・シャイネスが形成される決定的な原因は特定できていない。」
| ナショジオ日本版
水路のように入り組んだ木々の隙間「シャイな樹冠」はなぜできた?
クラウンシャイネスは風によってできているのか。。。
クラウン・シャイネス。枝がぶつかり合わないように水路のような隙間ができる現象で、一部の種の樹木で見ることができる。
自然は人間では不可能な数の試行錯誤を繰り返している。このような気づきは是非とも科学的に明らかにして,人間社会に実装してほしい。
木のソーシャルディスタンスか
なかなか見上げないしこれだけ密集してるとこに久しく行ってないからこの写真みてもピンとこなかったけど
面白い
なるほど面白い、植物にもパーソナルスペースは必要よな。
『木がお互いの存在を知覚できるのであれば、ぶつかる前に樹冠の成長を止めることもできるのかもしれない』
クラウン・シャイネス
ネーミングからしてひかえめ感
以上
 

いま話題のニュース

PR