TOP > 科学・学問 > 奇妙な両生類アシナシイモリ、唾液に毒の可能性 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

奇妙な両生類アシナシイモリ、唾液に毒の可能性 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

攻撃用の毒を持つ両生類はほとんど例がない。目がほぼ見えず、四肢がないアシナシイモリは、その例外かもしれない。...

ツイッターのコメント(24)

アシナシイモリといえばアマゾンで発見されたちんこ(直球)で脚光を浴びたがじつは地下を巧みにうごめく捕獲困難な生き物で研究もなかなか進んでないんですって。わー2ページ目エイリアンみたーいキモカッコイイー(マジキモいので注意
地味だからこそ好きだ……この論文は「確実な貢献」になりそれが「答えよりも疑問の方が多く残る」ものだってコメントがたいへん好き。
| ナショナルジオグラフィック日本版
タイヘン邪悪
たすけて………
アシナシイモリのビジュアルがどのくらいアレか知りたい人は見て
2ページ目の写真が洋画クリーチャー感満点なのでオススメ
モンスター辞典でも読んでる気になる。
見た目もなかなか。
毒攻撃をしてくる両生類型モンスター|Д゜)ファンタジーじゃ一般的だけど、現実に存在したとは!?(゜д゜;≡;゜Д゜)
✨毒が確定すれば護身用ではなく、攻撃用の毒✨
最大50センチくらいになるらしい。森で出会ったら泣きそう
なぜ、「~イモリ」なのか?とか、いろいろツッコミどころが満載だ。
海を渡れないけど、南米とアフリカに分布していて、パンゲア大陸の生き証人ということでもある。
唾液に毒を持つアシナシイモリ。
ますます蛇に似てる。
ほう!ナショジオに面白い記事が!
(画像はグロいので、ニガテなヒトは読まないでね♪)
毒をもったミミズか(違う
収斂進化ですなぁ(閲覧注意かも)
確定すれば両生類で初、護身用でなく攻撃用
両生類で初めての発見になるかもだって
アシナシイモリの画像、どう見てもドラクエのおおみみず
やばいよ?この子。1.5mって。。。
「今回の酵素の分析については「そこまで説得力のある」ものではないと批判する」歯近くの分泌腺がメインの発見か。毒というには弱い気がするけど、じゃあ何を分泌してるかってのも含めて面白い/ | ナショナルジオグラフィック
アシナシイモリは、歯の生えたミミズのような見た目の両生類だ。四肢がなく、滑らかで光沢のある皮膚をもち、それだけでもヘビを思わせるが、似ているのは外見だけではないかもしれない。彼らの一部は唾液に毒を含む可能性が…
以上
 

いま話題のニュース

PR