TOP > 科学・学問 > 新型コロナウイルスが廃止早める オランダのミンク産業 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

新型コロナウイルスが廃止早める オランダのミンク産業 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

主要な毛皮輸出国オランダで、新型コロナウイルスの拡大防止のため、50万匹を超えるミンクが殺処分された。毛皮産業の廃止が加速するか...

ツイッターのコメント(18)

ミンク大量殺処分"く(""0"")>なんてこった!!"
毛皮用の生き物...
惨いよな、人間...
だわ...
コロナにより毛皮産業の廃止が加速

化粧品やブランド品など必須でない産業から動物福祉的観点で規制されてくんだろうけど、医薬品がどこまで影響受けるのか関心あるね

人類の利益と動物の命の天秤、どんどん判断が難しいとこまで踏み込んで来るだろうな
オランダで毛皮用に飼育されているミンクの新型コロナウイルス感染率が上昇していること、ミンク農場の従業員2人がミンクから感染した可能性があることを受け...。
「同国で毛皮用に飼育されているミンクの感染率が上昇していること、ミンク農場の従業員2人がミンクから感染した可能性があることを受け、オランダ政府はミンク産業を2024年に終了するという既存の計画を早めそうだ。」
疑いのある動物の飼育は廃止すべきだと思います。ミンクがなくても人は生きていけますから→
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、オランダのミンク産業の終わりが早まっている。同国で毛皮用に飼育されているミンクの新型コロナウイルス感染率が上昇していること
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、オランダのミンク産業の終わりが早まっている。同国で毛皮用に飼育されているミンクの感染率が上昇していること、ミンク農場の従業員2人がミンクから感染した可能性が…
>毛皮用に飼育されているミンクの感染率が上昇
>ミンク農場の従業員2人がミンクから感染した可能性があること

ふむ。
→オランダはミンク産業を動物保護の観点から2024年には終了するという計画だったと。
COVID-19がこの計画を早める事になりそうだという報道です。
これを機にリアルファーを廃止にしましょう‼️
なるほど、そういう理由が。どうでもいいけど、一酸化炭素による処分というのは安楽死になるのかしらん。
| ナショナルジオグラフィック日本版サイト
やっと終わり!→
毛皮のための飼育がおこなわれてなんて知らなかった。😢
コロナで色んな事が変わるはず!だったのに、満員電車は復活しつつある。今の所職場の会食は無いので助かってるけど。
>毛皮が目的となる動物は、小さな金網のおりで飼育されることが多く、数千匹がすし詰めのような状態となる。環境保護団体は長年、非人道的な産業だと非難してきた。道徳的、倫理的な理由での反対も多い
以上
 

いま話題のニュース

PR