福島の立入禁止区域で増える動物、放射線の影響は? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

原発事故のあった福島やチェルノブイリの立入禁止区域で野生動物が増えている。生息数を左右するのは放射性物質より人間の存在であることが報告された。

ツイッターのコメント(18)

福島の立入禁止区域で野生動物が増えている、放射線の影響は?

放射能関係ないだろ。

オオカミを放とう。
朝鮮ではトラやヒョウが帰ってくるのでは?
人間こそ、活動エリアを狭めるべきでしょ。
🌏は人間だけのものではない。
Cs137の長期蓄積毒性は気になるが、サンクチュアリーになるのは福島も同じか。



チェルノブイリの立入禁止区域には、場合によっては近くの自然保護区に匹敵するほど多彩な動物が数多く生息していることがわかっている。
著者Douglas Main氏はNationalGeoGraphicのseniorEditor
この記事は,放射線の影響のない場所も例示して居るので興味深い。
イノシシは巨大化して「乙事主」様が

出現しているかもしれない。 w(*゚o゚*)w
…より長期にわたって人の居住地が変化してした場所もある。事故や戦争により立ち入りが禁止された場所だ。大きな原発事故の現場となったチェルノブイリ原子力発電所と福島第一原子力発電所の周辺や、北朝鮮と韓国の間の…
人間がいない放射線区域で動物たちが受ける影響は?
研究者はチェルノブイリでは特定の鳥や哺乳類が増えているが、健康状態が良くないと。
米サウスカロライナ大学の生物学者ムソー氏によれば、鳥類やげっ歯類の間では生殖障害や突然変異率の上昇が見られるのだそうです。
地球はひとつしかない、まさにそのとおり。
メモφ(..)
動物にとって一番の問題は人間の存在だってはっきりわかんだね
放射能も含め環境の劇的変化により、
案外、進化という適応をしてるのかもしれないね人間も動物も。
福島の立入禁止区域で増える動物、放射線の影響は? - ナショナルジオグラフィック

2016~2017年に2カ月間の調査を2度行った米大学の調査。"動物の数にかかわる最も重要なファクターは、生息環境のタイプと立入禁止の状況であり、放射線レベルの高さではなかった"よう
人間も、ずっと続く種とは決まってないもんな。
福島の立入禁止区域で増える動物。「私たちは問題を特定できました。問題は私たち自身だったのです」
ヒトの存在がいかに野生動物の生息に影響を与えているか、ということですね。
チェルノブイリに似た状況が福島でも起きている ナショジオ
以上
 
PR
PR