TOP > 科学・学問 > スペインかぜのパンデミック、中国起源説とその教訓 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

スペインかぜのパンデミック、中国起源説とその教訓 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

第1次世界大戦中に中国人労働者がカナダを経由して欧州に送られた。ウイルスが彼らを介して全世界に広まったという説がある。...

ツイッターのコメント(74)

ウイルスの起源特定がトレンド入りしてるのねー。

スペイン風邪のも確定は出来てないのですし、人工ウイルスであった場合の自白が無い限りは無駄な労力というもの。


……人体の内在性レトロウイルスのことすら私にはあんまりわからないですし。
2020.3.15 NATIONAL GEOGRAPHIC
この流行の発生地については、科学者の間で何十年も論争が続いていて、フランス、中国、米国中西部など、さまざまな場所が…
1918年スペイン風邪の原産地も中華圏。

「スペインかぜのパンデミック、中国起源説とその教訓」
ナショナルジオグラフィック日本版
アメリカ起源説をWikipediaの記述とかは採用していますね。内海先生の言われている説は果たしてどうなんですかね?この方に関しては私は一定、距離をとっている理由の一つですしね。
一次大戦の時にスペインって中立だったからこの名前だったと言うのを初めて知ったわ。そして世界で収束するまでに2年近くはかかっていたとか…
ナショジオ攻めてるな~w中国はいろんなものをいろんな食い方するから、マイナー動物で細々と暮らしてウイルスさん達も、えっ、ちょっまっ、そんな繁殖ルート想定外なんですけどって感じなんだろうなw

スペインかぜのパンデミック、中国起源説 | ナショナルジオグラフィック
多くの疾病は中国発
結局中国人ってのは昔からウィルスを持ち運んでいたわけだ。
ウィルスを駆除するには中国人を駆除するしか方法は無い。
差別ではない、駆除だ。
ナショジオが米国メディアという事を踏まえる必要があるものの、スペイン風邪の中国輸出説は興味深い😇
>スペインかぜは、パンデミック発生と同じ1918年に終結した第1次世界大戦よりも多くの命を奪った。
これがウイルス、病原体の力なのか…。
🔳

「一般的なインフルエンザとは異なり、スペインかぜでは強い免疫系をもつ健康な若者に犠牲者が多かった」。
あたらしい病気はほぼ大陸産と考えていい
@ta2zoko3
確かに中国起源の疑いのある感染症をあたかもスペインのせいである様にいうのは問題だ。
ご参考によろしくお願いいたします。
前掲、6年前の記事なんだけどこっちのリンクを辿ったんだな、実は。

「スペイン風邪でアメリカは世界に謝罪と賠償をしていない!」って激昂してる某国の発言を見てさ、発祥どこだったかな? って。
面白いぞ、マジでナショジオ。
スペイン風邪の起源(発生地)が明らかになるか
1918年のスペイン風邪=インフルエンザ 実は中国起源説。

よく考えてみれば 鳥インフルエンザ SARS MARS 感染症はこの国を観察すればわかる的な内容。

動物をなんでも食べるからこうなるんじゃないのか?
「中国に注目せよ」と歴史家は言っていた。

中世のペスト=黒死病、一億亡くなったスペイン風邪、そして今回も。

全て出所は同じ。
東京オリンピック開催したら中国から人が押し寄せてその結果どうなるのだろうか。かといって、開催しなければ経済的に大打撃を受けるし。
メモ
スペイン風邪の起源として中国発が唱えられているのか。

"第1次世界大戦中の忘れられたエピソードが、スペインかぜの拡大の発端になった可能性が指摘されている。それは、中国人労働者を列車に閉じ込めてカナダを横断させ、ヨーロッパまで運んだことだ"
列挙諸国のプロパガンダ
歴史は繰り返す
China起源の恐るべき感染症の歴史 あの国に関わってはいけない
起源はどこにあったのかはわからない。でも広めたのは、自分たちの利得のために他国の人間を利用しようとした英仏だと思うけど。
二十世紀初頭から、特に米で中国人労働者を入れていた
第一次大戦で、その労働者を後方支援のために米→欧州大陸で列車にすし詰めにして移動、結果、兵士を通じて欧米全域に感染

| ナショナルジオグラフィック日本版
チェック
@nippon_ukuraina @lulu_happy2 最近は、スペイン風邪も中国起源説が出ているようです。

ナショナル ジオグラフィック|
「新興感染症の発生地については『中国に注目せよ』ということです」とヒギンズ氏は言い、今世紀に入ってから鳥インフルエンザとSARSがアジアから出てきた点を、ハンフリーズ氏の論文が発表された当時に指摘していた。
過去のスペイン風邪も中国起源。猖獗の地。腐海だな。
-----
人の往来が発達するにつれてウィルスは免疫のない大陸で猛威を奮っていくのかね。
温故知新。
@Z2QoUru1fsqYqZI @usapepe ナショジオに載っているくらいなので、あながち嘘でもないだろうと思っています^^;
常にご近所に迷惑をかけてますね。さすがに当時は人工的なものではなかったでしょうけどインフルエンザ発祥の地でもあったとは。
昔から、やらかしてたのか。
中国って…
こういう記事も真偽は別として情報戦の攻防の一つかもしれないそうです。(¯―¯٥)普通に読み物として面白いじゃんねぇ?……え?餃子好きですよ。
当時はまだインフルエンザウイルスは発見されてなかったんじゃなかったかな?
スペインかぜも中国起源説あるのね。
ほー( ̄・ω・ ̄) 興味深い。

「スペインかぜのパンデミック、中国起源説とその教訓」
なるほどねぇ。

《…西部戦線で英軍とフランス軍の後方支援を行うために、9万6000人の労働者を中国から動員したことが、パンデミックの原因になった可能性があるという。》
“こうした研究から得られる教訓は、新興感染症の発生地については『中国に注目せよ』ということです”
それはそれで人種的偏見に満ち溢れた発想ではありますね。新興感染症でSARSと鳥フルだけ取り上げるあたり悪意がある。
・・・上手くいって、夏過ぎまでには新型コロナも落ち着くのかねぇ。
後で読みます。

スペインかぜのパンデミック、

中国起源説とその教訓
ちょっとなにを言ってるのかわかんない。エボラやエイズなどをおいといて鳥インフルとSARSだけ例に出すのも恣意的。そして読んだところでなんの教訓もない。
前回はスペインが濡れ衣を着せられたが、今回は果たして?:
スペイン風邪は中国起源
いつもココから・・・
バイキン先生です。およそ100年前に起こったスペイン風邪(インフルエンザのパンデミック)に関する記事を紹介します。
スペインかぜもチャイナなのか。
#武漢肺炎
#パンデミック
歴史から学ぶことは沢山有る
昔のインフルエンザパンデミック
通称はスペインだけど
発祥はやはり中華だった
こんなに世界が緊迫してるの体感するのみんな生まれて初めてだとおもうの。

ポリシーがあるから生き残らないと。
「起源の解明は困難でも、「中国に注目せよ」と歴史家は言っていた」
中国共産党指導部はナショジオにも抗議するのかな???
何でいつも中国なんだろ。
あの「スペインかぜ」も中国起源だったとの説が紹介されています。また、当時は戦時下だったのに世界に拡大しました。今、スペインかぜ並のが出たら、コロナ騒動程度で済まないかもしれません。

スペインかぜの拡大の発端になった可能性が指摘されている。それは、中国人労働者を列車に閉じ込めてカナダを横断させ、ヨーロッパまで運んだことだ?
中国「新型コロナの起源は実はアメリカ!」
ナショジオ(本部アメリカ)「スペイン風邪の起源は中国かも」


うーんなんていうかこの、偶然げんこつが当たっちゃってごめんねテヘペロみたいな感
出典:
ナショナル・ジオグラフィック
─スペインかぜのパンデミック、
中国起源説とその教訓
大変興味深い
タイトルはゴシップっぽいですが、中身はちゃんとしてます。人類の歴史を振り返ると、いかに中国人がイジメられてきたかを考えさせられます。
「戦時中の検閲のせいで、中立国だったスペインでの大流行ばかりが報道されたためだ。」とは、スペインも迷惑な話だ。
こうした研究から得られる教訓は、新興感染症の発生地については『中国に注目せよ』ということです。
中国、怒っているだろうな。
いまいち結論がわからないが、アジアから様々な流行性疾患が出ていることは確か。中国起源説の記事から想像するに、ヨーロッパ系の人種が特に伝染しやすかったりするのかな。
21世紀の新型コロナも、欧州に伝播して猛威をふるってる。
一帯一路は槍玉に上がり、トランプの対中強硬策が支持されるような国際社会になるかも知れない。

スペインかぜのパンデミック、中国起源説とその教訓(ナショナル ジオグラフィック日本版)
個人別に隔離せずに集団でまとめるのでウイルスがバッタの如く飛び跳ね状態で介護者にまで感染する

当たり前じゃないか 武漢もイタリアもそう
なんかわかるなあ
1918年に始まった「スペインかぜ」と呼ばれるインフルエンザのパンデミック(世界的な大流行)は、世界中で5000万人の命を奪い、史上最悪の疫病の1つとされている。 こ…
南米の両生類を壊滅の危機に陥れたツボカビも中国を始めとしたアジアと言われるし、だから案外とアジアの人たちは基本的耐性持っていないかなと思う。
歴史は繰り返す
以上
 

いま話題のニュース

PR