TOP > 科学・学問 > ペンギンは南極点にいない、極地の動物の意外な真相 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ペンギンは南極点にいない、極地の動物の意外な真相 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

サメ、シャチ、アザラシ、オオカミ、キツネ、イッカクなど、極地の動物たちは実際のところどこに暮らしているのだろうか。また、南極最大の陸生動物は?...

ツイッターのコメント(13)

南極にサメはいない。
北極にはいる。勉強になる🦈💡
南極大陸の沿岸部で繁栄しているペンギンは陸生ではなく、水生あるいは海生動物とされる。南極点のような内陸部にペンギンはいないということだ。
は南極点にいない、極地の動物の意外な真相 |
「ペンギンは南極点にいない、極地の動物の意外な真相(ナショナルジオグラフィック日本版サイト)」→ なかなか興味深い、動物の生息状況!
「コオリウオ科のスイショウウオは赤血球を持たない唯一の脊椎動物」はかなり不正確。スイショウウオはかなり俗っぽい言い方で、コオリウオとすべき。またヘモグロビンを欠くのはコオリウオ科16種全てに当てはまる形質。
北極と南極の動物の違いについて、面白いです。南極の「最大の陸生動物は翅のない小さな昆虫ナンキョクユスリカ」であって、ペンギンやアザラシは、沿岸だけにいる水生・海生動物とみなされるのだそうです。
サメ、シャチ、アザラシ、イッカクはどこにいる? 南極最大の陸生動物は? - NATIONAL GEOGRAPHIC
スイショウオすげえ、キョクアジサシすげえ
北極と南極に生息する生き物に関する興味深い話がたくさん詰まったいい記事。⇒ ペンギンは南極点にいない、極地の動物の意外な真相|ナショナルジオグラフィック
知らなかったことばかりだ… -
キョクアジサシ、タフなんてもんじゃないねぇ…
>北極にペンギンはいない
>だが、南極点にもペンギンはいない
「どっちにもいねーのかよ!!」
とツッコむにははやい

『南極』でなく『南極点』である
「最大の陸生動物は翅のない小さな昆虫ナンキョクユスリカ」  | ナショジオ日本版
以上

記事本文: ペンギンは南極点にいない、極地の動物の意外な真相 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

いま話題の記事