TOP > 科学・学問 > 100周年に乾杯! 米国の禁酒法、大失敗の歴史 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

100周年に乾杯! 米国の禁酒法、大失敗の歴史 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

米国で禁酒法が施行されてから、今年でちょうど100年。酒の密輸・密造が横行し、大失敗に終わった禁酒法の歴史を振り返る。...

ツイッターのコメント(17)

@Speedknight510 というかモロ100年前の大失敗案件と同じことやっているんですよねぇ。
ゲーム依存は問題視されるべきだけど、対処療法ですらないなにかというね。おまけにうちの県「ヤドン県」とかゲームに助けられているのに、なんてこの扱い・・・
この失敗に学んでないのかとツッコミたくなる連中を最近見た気がしないでもない
“密売を阻止するのは不可能だと分かり、特に都市部の世論は禁酒法反対に転じた。1927年の時点で、「高貴な実験」が大失敗なのは明らかだった”
禁酒法時代の情景が簡潔に。
お酒ってやっかいだな  #禁酒
1920年から10年間の禁酒法。「禁酒法導入の流れのなかで、大きな役割を果たしたのが女性団体だった。運動家たちは、酒に酔った夫が妻や子どもたちを殴っており、飲酒が家庭内暴力に拍車をかけていると主張」。> | ナショナルジオ
そういえば、baccano!の最新刊でたのかな。
|酒の密輸・密造の横行、マフィアの暗躍、大失敗に終わった「高貴な実験」酒の密輸・密造の横行、マフィアの暗躍、大失敗に終わった「高貴な実験」| ナショナルジオグラフィック日本版サイト
特定の嗜好品のみを敵視して、それさえ排除すれば素晴らしい世界が待っているという理屈のもと為される政治の大失敗例があることを例の県の議員は知らないのですか?
一時的にくりっぷ。
現在の「高貴な実験」の対象は、麻薬そしてCO2なのかな。
人間ってバカで狡猾で、且つ愉快な生き物なんですよね。
「高貴な実験」は、今後も何度でも失敗しますよねえ・・
こないだ漫画でフランクリン・ルーズベルトが酒を飲みながら交渉してたが、禁酒法廃止関連の演出だったのかもな
1920-1933なんか思ったより長かった/
あぁ、良かった!
今の日本が変な時代じゃなくて!
禁酒法のこと、これもわかりやすいです(*^_^*)
(日経BP) 禁酒法時代の一コマ。政府の職員たちが、大勢の目の前で蒸留酒とビールのケースを破壊する。(PHOTO
以上

記事本文: 100周年に乾杯! 米国の禁酒法、大失敗の歴史 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

いま話題の記事