TOP > 科学・学問 > 論争中の恐竜、実は若いティラノサウルスだった | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

論争中の恐竜、実は若いティラノサウルスだった | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ティラノサウルス類の小型種との説があった化石を調査したところ、10歳代の若いティラノサウルス・レックスである可能性が高まったうえ、その特殊な生存戦略が判明した。...

ツイッターのコメント(15)

『Tレックスは10歳代に急激な成長期があり、その間は体重が1日に平均2キログラム強増加していた』 なんて奴だ
はえ〜〜面白い
1日で2kgも増えていくなんて、
たくさん食べて、なるべく動かない
ようにしなきゃ難しそうですね。
これはこれで貴重な発見では…?
-
おー。「この研究はまた、もともと異論の多かった「ナノティラヌス」と呼ばれる恐竜の存在に、さらなる疑問を投げかけ」
6600万年前、北米の大地には、王者ティラノサウルス・レックス(Tレックス)の足音が鳴り響いていた。Tレックスの化石は、白亜紀の地層から豊富に見つかっている。にもかかわらず、孵化してからあれほど巨大になるまでの成長…
そういう事だってあります。
『ハトほどの大きさの孵化直後からバスよりも大きな成体に(』 ティラノさん最初そんなに小さいのか、、、。
研究は常にトライ&エラーの繰り返し。
「間違いが分かった」事が前進。
「ナノティラヌスは存在しなかったという説をダメ押しするような結果」と研究者 ナショジオ
「ナノティラヌス」と名付けられた恐竜の化石は成長途中のティラノサウルス🦖でした。
「ナノティラヌスは存在しなかったという説をダメ押しするような結果」と研究者
「おそらくは食物の多寡に影響され、各個体の成長速度が年によって大幅に変動していたことを発見した。」/
その時の環境に合わせて成長速度を速く/遅くできる能力があった可能性 とかスッゲェなぁ
以上

記事本文: 論争中の恐竜、実は若いティラノサウルスだった | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

いま話題の記事