TOP > 科学・学問 > 探査機が太陽に接近、驚きの観測結果と深まる謎 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

探査機が太陽に接近、驚きの観測結果と深まる謎 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

かつてないほど太陽に近づくNASAの探査機パーカー・ソーラー・プローブ。太陽の謎の解明につながる新たな手がかりとともに、予想外のデータももたらした。...

ツイッターのコメント(21)

太陽の活動と気候変動も考えないと道を誤る。
うおー、「サンダイバー」!
どんどん近づいていくね
想像を超える現象が続々、NASA探査機最初の成果が4本の論文に 【ナショナル・ジオグラフィック】
太陽のプラズマ大気中を伝わる波 スイッチバック」
パーカー探査機の初期成果: が太陽に接近、驚きの観測結果と深まる謎
ああ、そうか、太陽に行くのには、かなり減速しないといけないのか。
スイングバイは外惑星・彗星探査などでよく聞くから加速手段の文脈でよく見ていたけど。
これは興味ある  #探査機  #太陽
「私たちはコロナと太陽風について、非常に根本的なものを見落としているのです」
わかればわかるほど、わからないことが増えていく…o(*゚∀゚*)o
「太陽の表面温度が6000℃なのに、上層部のコロナは100万℃と桁違いな温度なのは謎」

人間で言うウンコみたいなもんやろ。体内におるうちはわからんけど出した瞬間から臭なるやろ。
とても興味深い。
凄いなー。
これでも「最初の成果」に過ぎないんだものな。
なお、質疑応答で出てきた「太陽の表面温度が6000℃なのに、放出されるプラズマが100万℃なのはなぜか」。それを調べるべく、実はいままさに探査が行われてて……という話になった件、先ほどナショジオがニュースに。
「探査機が太陽に接近、驚きの観測結果と深まる謎」
何がすごいって「人工物が太陽に最接近した」なんて偉業を「論文」という文書にまとめ上げるNASAの技術者達よ.
>想像を超える現象が続々、NASA探査機最初の成果が4本の論文に
>仮説はあったが誰も見たことがない、ある領域を発見しようとしている。それは、高温すぎて「塵ひとつ存在できない」領域だと、論文著者である米海軍研究所のラッセル・ハワード氏は言う。
探査機が太陽に接近、驚きの観測結果と深まる謎。
NASAの太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」が、
太陽を周回しながら徐々に接近してゆく
先例のないミッションを成功させた。
想像を超える現象が続々、NASA探査機最初の成果が4本の論文に
「塵ひとつ存在できない」
なんかマンガかラノベのシチュ感
以上

記事本文: 探査機が太陽に接近、驚きの観測結果と深まる謎 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

いま話題の記事