TOP > 科学・学問 > 七面鳥が米国北東部で爆発的に増加、なぜ? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

七面鳥が米国北東部で爆発的に増加、なぜ? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

七面鳥が再導入された40年ほど前、彼らがここまで市街地に適応し、迷惑な存在になるとは誰も思っていなかった。...

ツイッターのコメント(23)

「 (ナショジオ日本版)」  “シチメンチョウは考えられていたよりもずっとタフだった。”
自分移住いいすか
ケンタッキーのせいで、みんながチキンばかり食べるようになったから?🤔
日本には無限くりまんじゅうというものがあってだな
クリスマス近くになんてニュースを
恩赦与えてるから…()
ニューハンプシャーで25羽から40年ほどで4万羽に
大きいし群れで暮らすからある程度成長するとネコレベルじゃ太刀打ちできないんだろうな
奈良の鹿とか広島の兎とかおもいだした。
農家の近くに放ちながら自然界に無い餌を与え続けている。餌を与えなくなったら近隣の農作物に甚大な被害がでるのに増やしっぱなしか…
そんなに七面鳥🦃って食べ物だけではなく生き物としても身近なのね。
クリスマスはこれで決まりね  #ターキー
ターキーヒルズから逃げて来た先輩と後輩だな
>餌はやらないほうがいい
野生とのつきあいの基本やな
再導入した25羽が約40年で4万羽に、特に郊外で増えて問題も
北東部には多い!ほんとに!メイン州のうちの上空をターキーが群れなして飛んでゆきますし、NY州のうちの裏庭にも、しょっちゅう家族全員でウロウロ遊びにきますw
(当事者からしたら本当に笑い事じゃないだろうが)八重島の孔雀といいハワイのチキンといい鳥が異常に繁殖して我が物顔で街を歩いてるニュース大好きだからゲヘヘヘヘwwwwって笑っちゃった(いや、笑い事じゃないんだが…)
他のいきものとバランス取れた繁栄ならいいけど
邪魔者にされないように祈りたい
人の生活環境周辺でうまく順応した七面鳥たち

シチメンチョウは米国で史上最も成功した野生動物再導入
これから毎日七面鳥食おうぜ🦃🦃🦃
> シチメンチョウは米国で史上最も成功した野生動物再導入の1例

失敗例では。
”狩猟者も捕食者もいなくなった今、「シチメンチョウの数をコントロールするものが何もない状態です」と同氏は言う。”
敵がいなくて食うものがあればそりゃ増えるよね。
以上
 

いま話題のニュース

PR