TOP > 科学・学問 > 海に流れ込むマイクロプラスチックの28%がタイヤ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

海に流れ込むマイクロプラスチックの28%がタイヤ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

便利で日々の生活に欠かせないプラスチック製品。環境への負担を減らすため、私たちに何ができるか考える。...

ツイッターのコメント(55)

ストロー・・(苦笑
>ストローやレジ袋と違い基幹産業に通じるタイヤにはダンマリでしょう。
海洋プラスチック汚染の約3割がタイヤと。タイヤが摩耗すればマイクロプラスチックが出る。それが流れ着く。世界の車台数を考えると3割と言うのは逆に少な過ぎないかと言う疑問すら湧いてくる。世界の脱マイカームーブメントのもう一つの理由になって行くでしょうね、これは。
これは電気自動車でもクリアできない問題。思っていた以上に多く、罪悪感→
自動車は地球を汚染し続けている。
だから、街路樹を浸透性花壇にして、雨水によって汚染物質の移動を後らせる必要がある。
植物の力をかりて減災する様に努力しなければならない。
ファイトレメデーションも知らない 田舎の造園屋このままで良いのか?
タイヤ摩耗粉塵が陸域マイクロプラスチックの主要排出源であることは,環境省も注目しています。それ以上に重要と思われるのは,農地で散布される肥料被覆カプセル。私の共同研究者である石川県立大学勝見講師が取り組んでいます。
ストロー云々言ってた人は今日から車乗るのをやめよう
そうだろうなあ。
で、ストローの締める割合はどれくらいなの?
これは知らなかった。タイヤとは...盲点だなこれ。
たしか前にはマイクロプラスチックの原因が洗濯物から剥離したナイロンって記事もあったし…なんかストローとかよりもこっちが大半なんじゃ
盲点だった。そうか…
微粒さが口の中に入ってそうだ
| ナショナルジオグラフィック日本版
 >タイヤってメチャクチャ海藻が生えて魚礁としてスゴクいいので驚いたけど、地上で削れたタイヤのカスが流れ出てるのね……。
そういうことか。。。ストローごときに対処してもどうにもならんな。
うーん、クルマやバイク好きには不都合な情報。
そうなんか。
言われてみれば確かに。
ストローや
レジ袋をやり玉にあげようと
プラスチック由来のものは
世界中に溢れているので
根本解決には程遠いし
何より
やった気になって
それ以上解決への努力が
なおざりになってしまうことが
最も恐れなければならないことだと
つくづく思うのデス😐
やはり浮く車をつくるしかない!  #マイクロプラスチック
残り72%が漁具。自動車は鉄で車輪を作って軌道に乗せて架線から給電したらエコロジー:
環境対策はあらゆる面で遅れている。効率一辺倒で環境負荷を考えてこなかった。これからは製品コストに環境コストをすべて含める政策が必要では。
「海のゴミのプラスチックのn%はx」みたいな話が多くて、全部足すと100%超えそう :
- NATIONAL GEOGRAPHIC
牛のゲップと一緒で意外…笑

〉タイヤは道路を走行する際、摩擦により合成ゴムの破片をまき散らす。こうした破片は雨が降ると道路から河川へと流れ込むことがある。
海に流入するマイクロプラスチックのうち、タイヤが28%を占めるという。
大変だ!環境保護の為に全ての車のタイヤの使用を規制しないと!…そして物流が麻痺して食料が届かない地方から急速に死滅していくというシナリオ。一番の環境対策は人類が残らず絶滅する事とかなんとか('A`)
なーんか怪しいよなぁ。 新しいマーケティングの意思を感じる→
ナショジオでもこんな感じなんだ‥。道路脇で行うバイトをしてみるとよくわかるのは、CO2やマイプラの多さではなく、排気ガスの臭さ・タイヤとアスファルトの
粉塵の多さだ。

100km/hでアスファルトとぶつけていくんだから細かく削れるわな。
おっ自然由来樹脂なら須らく生分解性あると思ってる人だ。
洗濯屑が6割という話と合わせてほんとストロー禁止とはなんだったのかという
実は海に流れ込むマイクロプラスチックの28%がタイヤだという(ナショナル・ジオグラフィック)タイヤの問題が認識されるようになったのはごく最近で、解決に向けた研究は始まったばかり
不都合な真実、むーん😖
確かにタイヤは化石燃料由来物資を磨耗し続ける・・
化石燃料で構築された乗り物で化石燃料を燃焼し二酸化炭素を排出し続ける、しかも目的は自己の享楽。
バイク乗りは業の深さを忘れてはなりませぬ。
タイヤ、化繊、あとマイクロプラスチックの権化みたいなメラミン樹脂あたりを対策すべきであって、ストローやスーパーの袋を止めることに意味あるのか?
まあプラスチックは製品の消耗サイクルに合わせて生分解性のものを導入する余地はあるかと思う。
つうか…それを持ち出したら産業が成り立たなくならない?要は何処まで容認するか…なんだよね。……
ストローよりタイヤカス
2019.11.30 ナショナルジオグラフィック日本版
現在、タイヤの原料は天然ゴムが約19%、合成ゴムが24% / 天然ゴムがまだそんなに使われているのか!
タイヤが原因かとなると、車、バイク、自転車か。。
使うな、とは言えないし。
「タイヤ減った」の減って無くなった分の行き先まで意識してなかった。
だよね、だよね
うーむ。これは問題だな。そりゃそうだな。---
National Geographic 伝、 困りました! 海へ流出している “マイクロプラスチック” の 約 3割が タイヤ が原因との報告。

いづれ、ガソリンをやめて電動へ移行する予定でしたが、タイヤは必需品レベル。 何か良い手は?


#マイクロプラスチック、#タイヤ
エコロジストは、化学ゴム製タイヤの乗り物には乗らないこと!
以前からタイヤも怪しいと思っていました。
比重が軽いから流れやすいんでしょうね。
特にスタッドレスタイヤは、摩耗しやすいので、影響があるんでしょうね。
これは知らなかった・・・
タイヤは道路を走行する際、摩擦により合成ゴムの破片をまき散らす→あれ洗濯から出る分が多いんじゃなかったか?
車使用するだけでも海洋汚染に貢献してしまう。
昔は車を持つことがステータスみたいな時代があったけど今は公共交通機関を利用し車を持たない人が増えてきた。

『タイヤは道路を走行する際、摩擦により合成ゴムの破片をまき散らす』
ほうほう、これ深刻なのでは
引用>あまり知られていなかった、タイヤによるプラスチック汚染

あと、靴底とか。
以上

記事本文: 海に流れ込むマイクロプラスチックの28%がタイヤ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

いま話題の記事